残り3分で起きた悲劇。トヨタ、ル・マン初勝利を逃した、その裏側に迫る

シェア
コメント
残り3分で起きた悲劇。トヨタ、ル・マン初勝利を逃した、その裏側に迫る
2016/08/18 12:12

TOYOTA GAZOO Racingが、今年のル・マン24時間を振り返るコンテンツを公開した。

Winning car #2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Romain Dumas, Neel Jani, Marc Lieb passed the #5 Toyota Racing Toyota TS050 Hybrid: Anthony Davidson, Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima after the checkered flag
Toyota Racing mechanics
Blankes Entsetzen in der Toyota-Box (Screenshot)
#5 Toyota Racing Toyota TS050 Hybrid: Kazuki Nakajima after the checkered flag
LMP1 podium: second place #6 Toyota Racing Toyota TS050 Hybrid: Stéphane Sarrazin, Mike Conway, Kamui Kobayashi

 TOYOTA GAZOO Racingは、残り3分というところで発生したトラブルにより勝利を失う結果となってしまった今年のル・マン24時間レースを振り返る「ル・マン2016 ドキュメントムービー」を公開した。

「WECタイトルよりも、ル・マン制覇を!」という意気込みで今年のル・マンに臨んだTOYOTA GAZOO Racing。レースの大変をリードしていたが、勝利の女神はあまりにも無情だった。残り3分というところで、トップを走行していた5号車トヨタTS050ハイブリッドにトラブルが発生。メインストレートにマシンを停めてしまい、その横をポルシェが駆け抜けていくという、まさに信じられない結末が起こったのだ。

 このル・マンを振り返るコンテンツが、TOYOTA GAZOO RacingのWEBサイト(http://gazooracing.com/pages/special/challenge/lemans/2016)で本日より公開。ル・マンでの勝利に対する想いを表現した「ル・マン2016ドキュメントムービー」や、中嶋一貴と小林可夢偉、そしてレーシングハイブリッド・プロジェクトリーダーの村田久武のインタビュー記事を掲載している。

次の WEC ニュース
ランボルギーニのWECワークス参戦計画。ウラカンで18年から

前の記事

ランボルギーニのWECワークス参戦計画。ウラカンで18年から

次の記事

グラフレーシング、LMP2クラスで来年のル・マン出場を目指す

グラフレーシング、LMP2クラスで来年のル・マン出場を目指す
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース