トヨタ、WECテスト参加の山下健太とデ・フリーズ高評価「彼らの成長に注目」

トヨタのロブ・ルーペンは、バーレーンで行なわれたWECルーキーテストに参加した山下健太とニック・デ・フリーズに高い評価を下した。

トヨタ、WECテスト参加の山下健太とデ・フリーズ高評価「彼らの成長に注目」

 12月15日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれたWEC(FIA世界耐久選手権)ルーキーテストで、山下健太とニック・デ・フリーズがTOYOTA GAZOO RacingのTS050 Hybridを初ドライブした。

 トヨタのチームディレクターであるロブ・ルーペンは、ふたりの走りに好印象を抱いたようだ。

「彼らは非常にうまくやったと思う。特に、このクルマは非常に複雑なんだ。ドライビングの仕方を学ぶ必要があるんだ。しかし彼らふたりのタイムや、その一貫性はとても満足できるものだった」と、ルーペンは語った。

 山下は、44周を走破。2セットの新品タイヤを使ったこともあって、1分44秒075をマークした。一方のデ・フリーズは、43周を走り1分44秒561を記録している。なお、レギュラードライバーである小林可夢偉とブレンドン・ハートレーもテストに参加。1分43秒264を記録した小林のタイムが、この日の最速となった。

 山下は、2019年のスーパーGTでのパフォーマンスなどから、トヨタ内部でも評価が高いと言われており、WECの2020-2021年シーズンのドライバー有力候補だと見なされている。

 山下起用の可能性について訊かれたルーペンは、次のようにと答えた。

「それ(山下のWEC参戦)について、コメントするのは時期尚早だと思う。ケンタは非常に若いドライバーだ。耐久レースには経験が必要なんだ。だが、ケンタとニックはどちらも素晴らしいポテンシャルを持っていることを示した」

「我々にとって素晴らしいテストだった。彼らはカムイやブレンドンにも引けを取らない、非常に良いパフォーマンスを発揮したと思うが、我々は地に足をつけて、彼らの今後の成長を見ていくべきだ」

 2019年のF2チャンピオンに輝いたデ・フリーズは、メルセデスからフォーミュラEに参戦中だ。仮にトヨタがデ・フリーズにオファーを出したとしても、メルセデスがそれを拒絶する可能性はある。

 トヨタのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、デ・フリーズにはメルセデス以外のメーカーからレースに参戦できる許可が与えられているはずだと話した。

「もし彼が(メルセデス以外のメーカーから)参戦できないなら、WECのリストに載っているとは思わない」

「すでに今後に向けて取り組んでいるドライバーに、チャンスを与えないのはナンセンスだろう」

 一方のデ・フリーズも、フォーミュラEと共にWECでもレースを続ける意向を明かした。彼は現在、レーシングチーム・ネダーランドからWECのLMP2クラスに参戦している。

「僕はWECを楽しんでいるし、僕のアプローチに合っていると思う」

「メルセデスとのフォーミュラEプログラムが優先だけど、日程衝突が多すぎない限りは、並行してWECにも参戦し続けたいと思う」

「トヨタがどれだけ僕のことをしっかりと見てきたのかは分からないけど、彼らが興味を持っていてくれたら嬉しい。常にレースに勝ちたいという願望を持っているんだ」

Read Also:

シェア
コメント
トヨタのハイパーカー、完成は“ギリギリ”に? 「準備はかなり遅れている」

前の記事

トヨタのハイパーカー、完成は“ギリギリ”に? 「準備はかなり遅れている」

次の記事

ル・マン24時間、予選フォーマットを一新。クラス上位6台が”ハイパーポール”を争う

ル・マン24時間、予選フォーマットを一新。クラス上位6台が”ハイパーポール”を争う
コメントを読み込む