WECシルバーストン予選|トヨタの7号車がポールポジションを獲得

シェア
コメント
WECシルバーストン予選|トヨタの7号車がポールポジションを獲得
2018/08/19 0:50

WEC第3戦シルバーストン6時間レースの予選は、トヨタの7号車TS050 HYBRIDがポールポジションを獲得した。

 FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦シルバーストン6時間レースの予選が行われ、7号車トヨタTS050 HYBRID(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。

 20分の予選セッション、まず7号車のドライブを担当したのはコンウェイ。一方8号車はフェルナンド・アロンソが乗り込んだ。

 先にアタックしたアロンソは1分36秒789をマーク。後からアタックしたコンウェイは、それをわずか0.020秒上回るタイムを記録してピットに戻った。

 ドライバーを交代し8号車は中嶋一貴、7号車はロペスがアタック担当。セバスチャン・ブエミと小林はピットで状況を見守った。

 ロペスが1分37秒021を記録したのに対し、中嶋はミスがあったか1分37秒824というタイムだった。すると、コプスコーナーでLMP2クラスの29号車レーシング・チーム・ネーデルランドがスピン。グラベルにスタックし、動けなくなってしまったため、赤旗が掲示された。

 残り時間が5分20秒のところからセッション再開。LMP1クラスのプライベーター勢がコースに出る中、トヨタの2台はピットに留まり、そのままセッション終了を迎えた。

 これで、ポールポジションはトヨタの7号車。2番手が開幕から2連勝を飾っているトヨタ8号車となった。

 3番手に入ったのは、SMPレーシングの11号車(ヴィタリー・ペトロフ/ミカエル・アレシン/ジェンソン・バトン)。バトンがアタックを担当したセッション後半にポジションを上げた。

 LMP2クラスはジャッキー・チェンDCレーシングの37号車がポールポジション。2番手にはチーメイトの38号車も続いた。

 LM GTE Proクラスは、アストンマーチンの2台を抑えた66号車フォードGTが首位。LM GTE Amクラスはチーム・プロジェクト1の56号車ポルシェがトップとなった。

【リザルト】WEC第3戦シルバーストン6時間レース:予選結果

次の WEC ニュース
バトン、F1で果たせなかった20年ぶり母国表彰台狙う。新エアロも好印象

前の記事

バトン、F1で果たせなかった20年ぶり母国表彰台狙う。新エアロも好印象

次の記事

WECシルバーストン決勝|トヨタ3戦連続1-2フィニッシュ。8号車3連勝

WECシルバーストン決勝|トヨタ3戦連続1-2フィニッシュ。8号車3連勝
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース