F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

トヨタ、新時代のWEC戦う『GR010』を先行公開! LMH規定に対応しマシンを一新

TOYOTA GAZOO Racingは、WECの2021年シーズンを戦うLMH規定のニューマシンの名称と、迷彩カラーリングのマシン画像を先行公開した。

Toyota GR010 HYBRID

Toyota GR010 HYBRID
1/4

写真:: Toyota Racing

Toyota GR010 HYBRID

Toyota GR010 HYBRID
2/4

写真:: Toyota Racing

Toyota GR010 HYBRID

Toyota GR010 HYBRID
3/4

写真:: Toyota Racing

Toyota GR010 HYBRID

Toyota GR010 HYBRID
4/4

写真:: Toyota Racing

 FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するトヨタは、2021年シーズンを戦うLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定のニューマシン『GR010』の画像を先行公開した。

 GR010の正式発表は1月15日に行なわれることになっている。今回公開された画像は2020年10月にポール・リカールで行なわれたテストで撮影されたもので、迷彩カラーをまとっている。

 2020年まで使用されていたTS050は、1991年のグループC時代にトヨタが開発したプロトタイプカーであるTS010からナンバリングを引き継いでいたが、ニューマシンの名称は一旦ナンバリングをリセット。名前につけられているGRは、トヨタのモータースポーツ活動を担うサブブランド『GAZOO Racing』の略だ。

Read Also:

 公開された画像を見る限り、GR010はTS050に似たマシンにも見えるが、TOYOTA GAZOO Racing ヨーロッパのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、TS050から引き継がれたコンポーネントはほとんどないと言う。

「レギュレーションの考え方が大きく異なるため、スイッチやセンサーなどの一般的な部品を除けば、2台の間でキャリーオーバーされた部品はほとんどない」

「完全に新しい車だ」

 バセロンは、TS050とGR010のデザインコンセプトの違いについて、ハイブリッドシステムが大きく異なっていると説明した。

 2014年から2年間使用されたTS040およびTS050は、フロントとリヤに運動エネルギー回生システム(KERS/モーター&インバータ)を搭載していた。しかしLMH規定では、フロントアクスルにのみエネルギー回生システムをひとつ搭載することが認められている。

「我々はフロントとリヤにふたつのKERSを搭載し、ブレーキ・バイ・ワイヤでコントロールするシステムを導入していた」

 そうバセロンは語った。

「それはもう許されない。レギュレーション上、KERSとブレーキ・バイ・ワイヤはフロントのみに限られる」

「これにより、多くの違いとチャレンジが生まれる。例えば、リヤのモーターがなくなったことで、スターターモーターが必要になり、リヤのブレーキシステムは従来のレーシングカーのように完全な油圧式になった」

 トヨタはGR010の内燃機関の技術的な詳細情報を明かしていないが、これは15日の正式発表時に明かされるようだ。

 LMHのレギュレーションでは、内燃機関単独またはハイブリッドシステムとの組み合わせ、最大出力は500kW(670bhp)と規定されている。また、車両の最低重量は1030kg。LMP1規定のTS050が878kgだったことを考えると大幅に重量が増えている。

 バセロンは「ラップタイムに影響があるのは間違いない」と話した。

「新しいルールの目標はパフォーマンスをより手頃なモノにすることだ。パフォーマンスの追求にはお金がかかるからね」

「ル・マン(1周13.629km)では10秒前後ラップタイムが遅くなることが予想される。通常WECで使用される1周5kmほどのサーキットでは、4~5秒ほどタイムが遅くなるはずだ」

 ル・マン24時間レースが行なわれるサルト・サーキット(1周13.629km)では、2017年に小林可夢偉が3分14秒791のレコードタイムを記録している。WECの最高峰クラスにはLMH規定のマシンに加え、2022年からLMDh規定のマシンが参戦するが、ル・マンでの目標ラップタイムは3分30秒とされている。

 トヨタはGR010のテストをこれまで2回行なっているが、アラゴンで3回目のテストを1月12日から14日にかけて行なっている。TS050のドライバーである小林可夢偉と中嶋一貴は、渡航制限の影響もあってこれまでのテストには参加できていなかったものの、今回のテストには加わっているようだ。

 トヨタはGR010を正式発表する際に、2021年シーズンのWECドライバーも発表すると見られているが、ドライバーは変更しないと考えられる。

Read Also:

シェア
コメント
新時代を迎えるWEC。トヨタ新車vsアルピーヌの戦いは「性能調整が左右する」

前の記事

新時代を迎えるWEC。トヨタ新車vsアルピーヌの戦いは「性能調整が左右する」

次の記事

トヨタのLMH規則用ハイパーカーGR010「異なる発想で、根本的に新設計されたマシン」

トヨタのLMH規則用ハイパーカーGR010「異なる発想で、根本的に新設計されたマシン」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Gary Watkins