WEC上海予選:トヨタがワンツーも、レベリオンのロッテラーが肉薄

シェア
コメント
WEC上海予選:トヨタがワンツーも、レベリオンのロッテラーが肉薄
執筆: 松本 和己
2018/11/17 8:09

WEC上海6時間レースの予選が行われ、トヨタの7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。

 世界耐久選手権(WEC)第5戦上海6時間レースの予選が行われ、トヨタの7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。

 金曜日から雨がちなセッションが続いていたが、予選はなんとかドライコンディションで実施された。

 LMPクラスの予選がスタートすると、SMPレーシングの11号車(ジェンソン・バトン)が真っ先にコースイン。これにレベリオンの2台が続いた。対してトヨタ勢は少し遅れてコースイン。トヨタTS050 HYBRIDの7号車には小林可夢偉、8号車にはフェルナンド・アロンソが乗り込み最初のアタックへ向かった。

 まずはレベリオン1号車(ブルーノ・セナ)が1分43秒919でトップへ。SMPレーシング17号車(ステファン・サラザン)が2番手につけた。

 しかしそれを上回ったのがトヨタ7号車。1分43秒329を叩き出し、さらにタイムを更新したレベリオン1号車を0.239秒リードした。アロンソのトヨタ8号車は1号車に肉薄するも、わずかに及ばずピットへ向かった。

 トヨタは7号車にマイク・コンウェイ、8号車に中嶋一貴が乗り込み2人目のアタック。レベリオンの1号車はアンドレ・ロッテラーだ。

 ロッテラーがセナと同じようなタイムを並べた一方で、中嶋はアロンソより0.5秒近く速いタイムを叩き出したため、ドライバーふたりのアベレージタイムで逆転した8号車が2番手に浮上。7号車のコンウェイも1分43秒155というタイムをマークし、ポールポジションの座を固めた。

 ピットに戻ったトヨタ勢は、小林とアロンソが再びマシンに乗り込みアタックへ。一方、レベリオン1号車はロッテラーがタイヤをリフレッシュしタイム更新に臨んだ。

 小林は1分42秒708と、セッション最速タイムを叩き出しポールポジションを確保したものの、ロッテラーも1分42秒869をマーク。アロンソが0.4秒ほど自己ベストを更新したため、トヨタのフロントロウ独占は崩せなかったが、一発の速さでトヨタを脅かして見せた。

 4番手はSMPレーシングの17号車。5番手のレベリオン3号車を上回った。SMPレーシングの11号車は奮わず7番手となった。

 LMP2クラスは、ジャッキー・チェンDCレーシングの2台がトップ2。38号車が37号車の前に出ている。彼らを1ポイントリードしているシグナテック・アルピーヌの36号車はクラス4番手だった。

 LM-GTE Proクラスでは、ステファン・ミュッケが好アタックを見せたフォードの66号車が、土壇場でBMW M8 GTEの81号車を上回りクラストップとなった。

 Amクラスはデンプシー・プロトンの77号車ポルシェを、98号車アストン・マーチンが下しトップとなっている。

【リザルト】WEC第5戦上海6時間レース:予選

次の記事
夢のビッグイベント誕生。鈴鹿で『モースポフェス』が3月2日・3日に開催

前の記事

夢のビッグイベント誕生。鈴鹿で『モースポフェス』が3月2日・3日に開催

次の記事

トヨタはLMP1プライベーターよりも遅い? 決勝に危機感抱くアロンソ

トヨタはLMP1プライベーターよりも遅い? 決勝に危機感抱くアロンソ
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 上海戦
執筆者 松本 和己