WEC、トヨタ残留目指した”非ハイブリッド車とのギャップ縮小案”検討

シェア
コメント
WEC、トヨタ残留目指した”非ハイブリッド車とのギャップ縮小案”検討
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2017/09/30 5:29

トヨタがWEC参戦を続けるためには、ハイブリット搭載マシンと非搭載LMP1マシンとのパフォーマンス差を縮める必要がありそうだ。

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Stéphane Sarrazin
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 Hybrid: Anthony Davidson, Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima
#4 ByKolles Racing CLM P1/01: Oliver Webb, Dominik Kraihamer, Marco Bonanomi
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Fernando Alonso, McLaren MCL32
#7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 Hybrid: Stéphane Sarrazin, Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima

 今年7月、ポルシェが今シーズン限りでWEC(世界耐久選手権)から撤退することを発表した。それに伴いトヨタの将来について様々な推測がなされている。

 トヨタはWEC参戦を継続するかどうかの決断を下す前に、WECのレギュレーション策定に関わる人々やFIA、ACO(フランス西部自動車クラブ)がポルシェの撤退に対してどのような対応をするのかと状況を見守っていた。なお、トヨタが決断を下すのは来月になるとみられている。

 2018/19年の”スーパーシーズン”が発表されるまでは、トヨタはスパ・フランコルシャン、ル・マン24時間、富士の3レースのみに参戦することになるのではないかと考えられていた。

 現在ではトヨタがスーパーシーズンの全レースに出場する可能性もあるようだが、motorsport.comでは、トヨタがレースで独走した場合にWECへの関心が失われてしまうのではないかとの懸念があるという情報を掴んでいる。

 それゆえFIAとACOは、来年に向けてハイブリッド搭載マシンとハイブリッド非搭載のLMP1マシンのパフォーマンス差を縮めることを検討しているようだ。

 WECのCEOであるジェラール・ヌーヴは、”トヨタが他を10周も引き離し、単独でレースをしている”光景を見たくないとmotorsport.comのインタビューで明かしていた。

 先週FIA世界モータースポーツ評議会が発表した声明によれば、この要求に応えるために複数の手段を導入する予定だという。つまり、ハイブリッド非搭載のマシンが1周でより多くの燃料を使えるようにするということだが、これがトヨタを満足させ、WEC参戦を続けるよう納得させることができるかどうかを見守っていくことになる。

 トヨタのマネージメント上層部の中には、いまはWRCに参戦しているので、WECのLMP1プログラムへの支出は不要であると考えているものもいる。

 しかし一方で、トヨタが2012年にWECへ復帰して以来、これまで逃し続けているル・マン24時間レースでの優勝を果たすためにも、参戦を続けるべきだと考えている人々もいるようだ。

 非ファクトリーチームを相手に来年のル・マン24時間レースを戦う意味があるのかどうかが、トヨタがWECプログラムを続けるかどうかを選択するための決定的な要素でもある。

 さらにトヨタをWECに留まらせるための要素として、F1ドライバーのフェルナンド・アロンソを起用することが挙げられる。アロンソはF1モナコGP、インディ500、ル・マン24時間レースを制する”トリプルクラウン(三冠)”を狙っており、そのためにもル・マン参戦に関心を持っている。

 来年のF1カレンダーはル・マンのレースやテストデーとも日程が衝突していない。また伝統的にル・マンの前哨戦とされている5月のスパ6時間レースの週末もF1のレースがなく、アロンソの出場も可能だ。

 トヨタのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、アロンソがル・マンに参戦できるのならば、彼との話し合いに前向きだと話していた。

 なおアロンソはまだ来年の去就を発表していないが、マクラーレンとの契約を延長するものとみられている。

Additional reporting by Kunihiko Akai

【関連ニュース】

次の WEC ニュース
2019年WECセブリングは1500マイル戦に。IMSA12時間レースと併催

前の記事

2019年WECセブリングは1500マイル戦に。IMSA12時間レースと併催

次の記事

ジネッタの新LMP1シャシーに3台の注文。18/19年シーズンに参戦へ

ジネッタの新LMP1シャシーに3台の注文。18/19年シーズンに参戦へ
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース