ダンロップ、”チームのマシンの完成が遅すぎた”と今季のLMP1復帰を断念

ダンロップは、プライベーターチームのマシン完成が遅すぎたため、タイヤを用意することができなかったと明かした。

 イギリスのタイヤメーカーであるダンロップは、今シーズンよりWEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスに参戦するプライベーターチームにタイヤを供給するつもりでいた。しかし新技術規則が昨年末に交付され、それに伴い各チームのマシン完成も通常より遅かったため、タイヤを用意することができず、今年はプライベーターチームにタイヤを供給しないことを決断した。

 ダンロップは、LMP1クラスに参戦していたレベリオンとバイコレスの2チームに2016年までタイヤを供給していた。しかし昨シーズンはLMP1クラスに参戦するチームへのタイヤ供給を止め、LMP2クラスやLM GTEクラスに参戦するチームへの供給を行っていた。

 プライベーターチームのLMP1クラス復帰を、ダンロップは自らのLMP1クラス復帰のチャンスと捉えていた。しかし今シーズンは、全てのプライベーターチームがミシュランタイヤを使用することを選択している。

 ダンロップモータースポーツの営業部長であるマティアス・キップによれば、チーム側との交渉を行ったが、チームはLMP1クラス参戦に伴い多くの作業を抱えているため、ダンロップのLMP1クラス復帰の実現は困難になったという。

「率直に言って、易しいカテゴリーではない」とキップはmotorsport.comに話した。

「グッドイヤーやダンロップなどのタイヤメーカーにとって、モータースポーツというのはブランドイメージのようなものであり、適切なパフォーマンスを発揮できること、すべてが安全性に関わっているということを証明するものだ。LMP1クラスでの責任は大きい」

「昨年は土壇場ですべてが変わった。12月にWECスーパーシーズンの技術規則が明らかになり、我々は一度立ち止まって、LMP1クラス復帰は可能なのかどうかを分析していた」

「我々は平行して複数の仕事を進めていたが、今もなおそれを進めている。ただ、我々がスケジュール通りに全てのパートナーを満足させるための期間はとても短い」

「パートナーとなる可能性のあるチームと何度か議論をしてきた。しかしマシンの完成が遅すぎたのだ。おそらく、ジネッタは2月の最終週にアラゴンで行われたテストで初めてマシンを走らせたはずだ。レベリオンはまだマシンを走らせてすらいなかった」

 今シーズン、ダンロップは主にLMP2クラスでの活動に重きを置くことになる。そのLMP2クラスではミシュランがタイヤ供給を始めるため、ダンロップの独占供給が崩れることになる。

 キップは、「そういうわけで我々は、LMP1クラスへの復帰をせず、このスーパーシーズンではLMP2クラスでの活動を続けることを決断した」と述べた。

「大きなリスクとなるような、変わりやすい要素もあった」

「短期的な決断を下したくはないし、我々は勝つために戦いたい。それゆえ(LMP1クラスへの)復帰にはもう少し時間をかけるという決断を下したのだ」

「2020年にLMP1クラス戻れる可能性はあるのかどうか、時間が経てばわかるだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース