F1
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
28 11月
-
01 12月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

WECスパFP3:レベリオン1号車が首位。トヨタ勢は2番手&5番手

シェア
コメント
WECスパFP3:レベリオン1号車が首位。トヨタ勢は2番手&5番手
執筆:
2018/05/04 12:55

WEC開幕戦スパ6時間レースのフリー走行3回目が行われ、1号車レベリオン・レーシングがトップタイムを記録した。

 WEC開幕戦スパ6時間レースのフリー走行3回目が行われ、1号車レベリオン・レーシングがトップタイムを記録した。

 1号車レベリオン・レーシングは、ニール・ジャニのドライブで1分57秒120を記録。前日のベストタイムよりも、1.7秒も速いラップタイムであり、トヨタ勢2台の前に出ることとなった。

 しかしトヨタの2台がこのセッションで記録したベストタイムは、FP2での彼らのタイムよりも遅いものだった。7号車トヨタはマイク・コンウェイが記録した1分57秒939がこのセッションのベストタイムで、総合2番手だった。

 3番手にはレベリオンのもう1台3号車で、8号車トヨタは総合5番手だった。この8号車トヨタのベストタイムは、中嶋一貴によって記録されたもの。フェルナンド・アロンソは最後の7分だけ走行を担当した。

 LMP2クラス最速は、31号車ドラゴン・スピードで、LMP1クラスの首位から5.161秒の遅れだった。ドライブを担当したのはパストール・マルドナドだった。

 ジャン-エリック・ベルニュがドライブした26号車G-ドライブ・レーシングはクラス2番手。クラス3番手にはジャッキー・チェンDCレーシングが入り、ホー・ピン・タンがドライブした。

 LM-GTE Proクラスは、フォードGTがFP1に続き再び首位に返り咲き。アンディ・プリオールがドライブして2分13秒693を記録した67号車がクラス首位となった。トム・ブロンクヴィストがドライブした82号車BMW M8 GTEが2番手、もう1台のフォードGTである66号車がクラス3番手だった。

 LM-GTE Amクラスは77号車ポルシェ911RSRが首位だった。

→WEC開幕戦スパ6時間レースFP3結果

次の記事
WECデビューのアロンソ「まだ覚えなきゃいけないことが沢山ある」

前の記事

WECデビューのアロンソ「まだ覚えなきゃいけないことが沢山ある」

次の記事

WECスパ予選:トヨタ勢が1-2独占。フィッティパルディ大クラッシュ

WECスパ予選:トヨタ勢が1-2独占。フィッティパルディ大クラッシュ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント 第1戦スパ6時間
ロケーション スパ・フランコルシャン
ドライバー ニール ジャニ
チーム Rebellion Racing , Toyota Gazoo Racing
執筆者 Jamie Klein