F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

WECスパ予選:トヨタ勢が1-2独占。フィッティパルディ大クラッシュ

シェア
コメント
WECスパ予選:トヨタ勢が1-2独占。フィッティパルディ大クラッシュ
執筆:
2018/05/04 15:54

WEC開幕戦スパ6時間レースの予選が行われ、7号車トヨタTS050Hybridがポールポジションを獲得した。

 WEC(世界耐久選手権)スーパーシーズンの開幕戦スパ6時間レースの予選セッションが行われ、小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス組の7号車トヨタTS050Hybridがポールポジションを獲得した。

 ふたりのドライバーの平均タイムで争われるWECの予選。7号車トヨタの最初のアタックを担当したコンウェイは、1分54秒679を記録した。8号車トヨタはフェルナンド・アロンソがアタックを担当したが、コンウェイのタイムに約0.5秒及ばなかった。

 8号車トヨタのふたり目は小林が担当。小林はこのセッション最速となる1分54秒488を記録した。中嶋一貴は8号車トヨタのふたり目としてアタックしたが、小林のタイムに0.3秒の遅れをとった。

 コンウェイと小林の平均タイムは1分54秒583となり、8号車の1分54秒962を上回ってポールポジションを獲得することとなった。

 LMP1クラスのノン・ハイブリッド勢の中で最速だったのは、ニール・ジャニとブルーノ・セナがドライブした1号車レベリオン・レーシング。ただ、ポールポジションからは1.8秒の遅れとなった。

 3号車レベリオン・レーシングが総合4番手、11号車SMPレーシングが5番手となった。

 17号車SMPレーシングはトラブルに見舞われ、ケメルストレートでストップしてしまい、タイムを計測することができなかった。

 また10号車ドラゴン・スピードのピエトロ・フィッティパルディは、オー・ルージュで激しくクラッシュ。このため、30分以上セッションが中断されることになった。

 フィッティパルティはマシンから降りた後、サーキットのメディカルセンターに搬送された。

 なお、マノーLMP1チームは、資金難のために予選への出走をせず。結局決勝レースへの出走も見送ることになっている。

 LMP2クラスの首位は、36号車シグナテック・アルピーヌだったが、クラス2番手となった26号車G-ドライブ・レーシングとの差はわずか0.024秒差だった。ジャッキー・チェンDCレーシングはクラス3番手と4番手につけた。

 LM-GTE Proクラスは。フォードGTがフロントロウを独占。67号車が首位、66号車が2番手となった。

 クラス3番手となった91号車ポルシェ911RSRは、2番手の66号車フォードGTに0.004秒差まで肉薄した。4番手にも92号車ポルシェ911RSRが入った。

 LM-GTE Amクラスのポールポジションは、77号車デンプシー-プロトン・レーシングのポルシェ911RSR、2番手は98号車アストン・マーチン・レーシングだった。

WEC開幕戦スパ6時間レース予選結果

LMPクラスGTクラス

次の記事
WECスパFP3:レベリオン1号車が首位。トヨタ勢は2番手&5番手

前の記事

WECスパFP3:レベリオン1号車が首位。トヨタ勢は2番手&5番手

次の記事

WEC開幕戦予選で大クラッシュのフィッティパルディ、両脚骨折の疑い

WEC開幕戦予選で大クラッシュのフィッティパルディ、両脚骨折の疑い
コメントを読み込む