「自由なバトルは最後のピットストップまで」トヨタのチーム内合意

トヨタは、WEC開幕戦スパ6時間レースの決勝終盤で、2台のマシンにバトルをさせないよう指示をしたことを認めた。

 トヨタのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、6時間レースの終盤に、2台のTS050Hybridが互いに戦うことがないよう、6人のドライバーとの間で合意に達していたと語った。

 レースの残り25分、トヨタ勢は最後のピットストップを行った。この際、フェルナンド・アロンソがドライブする8号車TS050Hybridの真後ろに、マイク・コンウェイがドライブする7号車TS050Hybridが追いつくこととなった。

「その合意は、最後のピットストップまでは自由にレースができるということだった。そして実際に、最後のピットストップで2台のクルマが一緒になり、コースに戻っていった」

 そうバセロンはmotorsport.comに語った。

「我々はドライバーたちに、最後のピットストップまでだけ、戦うことができると語った。なぜなら、たくさんの緊張を抱えたまま、最後の数周を過ごしたくはないと思ったからだ」

 7号車TS050Hybridは、予選での燃料流量計の申告ミスがあったため、レースをピットレーンから、しかも1周遅れでスタートすることになった。しかしそこから追い上げに追い上げ、6時間後のチェッカーフラッグ時には、勝った8号車との差はわずか1.4秒だった。

 ただ、レース終了まで1時間というところで2台の差は55秒。しかしその後にこのレース3回目のセーフティカーが出動したため、その差がグッと縮まった。その結果、レース残り49周というところでセーフティカーが解除された際には、2台の差は僅か5秒だった。そして、2台のトヨタは最後のピットストップに向かった。

 ただこのピットストップの際、7号車はノーズ交換の作業を行った。これによりコンウェイは、アロンソよりも10秒長くピットレーンで過ごすこととなった。

「これで何かが変わったわけじゃない。なぜなら、ポジションを維持する計画だったからだ」

 そう語るバセロンだが、今回のレースでは7号車の方が速かったことを認めた。

「ラップタイムは、7号車の方が僅かに速かったことを示していた。0.1〜0.2秒だがね。ただ、セーフティカーのおかげで、(上位に)戻ってくることができた」

 そうバセロンは付け加えた。

 一方、7号車をドライブしたコンウェイは、「明らかに7号車の方が速かった。特に追いついた時はね」と語っている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 スパ6時間
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース