速報ニュース

トヨタ離脱決定のアロンソ、WEC復帰は100%「その時はトヨタが第一の選択肢」

今季限りでトヨタを離脱することが発表されたフェルナンド・アロンソだが、将来的に100%復帰すると話した。

Podium: race winner #8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Fernando Alonso

 TOYOTA GAZOO Racingは2019/20シーズンの世界耐久選手権(WEC)のドライバーラインアップを発表。フェルナンド・アロンソに替わり、ブレンドン・ハートレーが加入することが発表された。

 2018年のル・マン24時間レースを制し、世界三大レース制覇に近づいたアロンソ。次なる目標はインディ500優勝となるが、それほど長くWECを離れるつもりはないようだ。

 スパ6時間レースを前に、アロンソは「中長期的には、僕は100%WECに戻ってくるだろう」と語った。

「僕はWECでのレースが好きだ。トラフィックで予想がつかないレースが好きだし、チームメイトとマシンを共有するというチームスピリットが好きなんだ」

 彼がWECに戻ることを決めた時、現在所属しているトヨタがその第一候補になるか、と訊かれたアロンソは「間違いなくそうだ」と答えた。

「このチームは素晴らしい。やること全てが完璧なんだ」

 アロンソは、5月1日(水)にトヨタがラインアップを発表したプレスリリースに「僕にはやりたいことが多くあり、ここで1つの区切りを付け、TOYOTA GAZOO Racingと共に新たなモータースポーツの世界へチャレンジして行きたい」とコメント。WECへの参戦を取りやめるものの、トヨタとの関係が切れるわけではなく、共に新たな戦いに挑むことになると示唆している。

 アロンソは、“トヨタに限らず”2020年に訪れるかもしれないチャンスを掴みとるため、トヨタのWECチームからの離脱を決めたと説明した。

「2020年の6月までWECの新しいシーズンを戦うのは、今後生じる可能性のあるいくつかのチャンスに向けて、ドアを閉ざすことにある」

「どんな義務からも自由になることが、そういったチャンスにアプローチする最善の方法だ。それが、来季トヨタにコミットできない理由だ」

 5月末には2度目のインディ500挑戦を控えているアロンソ。彼は2020年のインディカーフル参戦やF1復帰の可能性を除外していない。

「2020年にF1を戦っているかもしれないし、インディカーかもしれない。そのどれでもない、別のシリーズなのかもしれない」

「僕の頭の中には2つか3つのアイデアがある」

 このアイデアについての詳細はまだ明らかにされていないものの、アロンソは3月に南アフリカでダカール・ラリー用のマシンをテストしており、このラリーへの参加が検討されていることが知られている。ダカールラリー参戦については「ひとつの可能性だ」とだけコメントしている。

 WECでは中嶋一貴、セバスチャン・ブエミと組み、トヨタTS050 HYBRIDの8号車で戦ってきたアロンソ。しかし、来季加入するハートレーがそのまま中嶋やブエミと組むことになるかどうか、まだトヨタは発表していない。

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 アロンソ、今季限りでトヨタWECを離脱。後任にはハートレーが加入
次の記事 WECスパ決勝:雨に雪、雹……トヨタ8号車”自然の脅威”に打ち勝つ。僚友7号車はトラブル

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本