F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
33 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
20 days

ル・マン24時間、開催可否は4月15日までに発表。WECは中止と延期続く

シェア
コメント
ル・マン24時間、開催可否は4月15日までに発表。WECは中止と延期続く
執筆:
2020/03/17 8:02

新型コロナウイルスの影響により各種モータースポーツでは中止や延期が相次いでいるが、6月に予定されているル・マン24時間レースの開催可否は4月中旬までに発表されるようだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、モータースポーツの世界にも大きな影響を与えている。F1や2輪のMotoGP、インディカー・シリーズなどの様々なカテゴリーで中止や延期を余儀なくされている状況だ。

 FIA世界耐久選手権(WEC)もそのひとつで、今週末に予定されていた第6戦セブリング1000マイルの中止と、第7戦スパ6時間の延期が決定している。

 その結果、WECで開催日程が決まっているのは6月13〜14日に行なわれる第8戦ル・マン24時間レースのみという状況になってしまった。しかし舞台となるフランスでも新型コロナウイルスの拡大は収まっておらず、無事開催へこぎつけられるかは不安が残ると言えよう。

 そんな中ル・マン24時間レースのオーガナイザーであるACO(フランス西部自動車クラブ)はレースが予定どおりに行なわれるか、延期する必要があるかについて、4月15日までに明らかにすると発表した。

 ACO会長のピエール・フィヨンは「我々は状況を監視しており、また当局の発した指示に従う。何が起きようとも、今年のル・マン24時間レースは開催されるだろう」とコメントしている。

 WECのスポーティングレギュレーションでは、チャンピオンシップとして成立させるためにはル・マンを含む6戦を実施することが求められている。既に2019-2020シーズンのWECは5戦を実施しているため、ル・マン24時間を実施すればその要件は満たされることになる。

 ただACOの声明では、仮に6月にル・マン24時間を開催できずに延期した場合の日程については言及されなかった。ル・マン24時間が延期された過去の例としては、1968年にフランスで市民による暴動が発生した際のものがある。当時は約3ヵ月後の9月にレースが開催された。

 仮にル・マン24時間が延期された場合、2021-2022シーズン以降にWECとIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権で施行される新カテゴリーの“LMDh”の詳細決定が遅れるのではないかという見方もある。

 フィヨン会長はその点についても言及。LMDhのルール詳細を発表するために「出来るだけ早く別の会見を開く」ことを明らかにしている。

 

Read Also:

次の記事
WECスパ6時間レースの開催延期が決定。新型コロナの影響止まらず

前の記事

WECスパ6時間レースの開催延期が決定。新型コロナの影響止まらず

次の記事

“耐久の王者”ポルシェ、LMDhクラスへの参入を真剣に検討へ

“耐久の王者”ポルシェ、LMDhクラスへの参入を真剣に検討へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
執筆者 Gary Watkins