WEC最終戦バーレーン予選:小林可夢偉&コンウェイ&ロペス組の7号車トヨタがPP獲得

WEC最終戦バーレーン8時間レースの予選が行なわれ、ホセ・マリア・ロペス/小林可夢偉/マイク・コンウェイ組の7号車トヨタがポールポジションを獲得した。

WEC最終戦バーレーン予選:小林可夢偉&コンウェイ&ロペス組の7号車トヨタがPP獲得

 WEC(世界耐久選手権)の2019-2020シーズン最終戦バーレーン8時間レースの予選が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車がポールポジションを獲得した。

【リザルト】WEC最終戦バーレーン8時間レース予選結果

 7号車のアタックを担当したのは、マイク・コンウェイとホセ・マリア・ロペス。コンウェイは圧巻の1分40秒144を記録し、チームメイトのロペスのタイム(1分41秒381)を大きく上回った。対するTOYOTA GAZOO Racingの8号車は、ブレンドン・ハートレーが1分41秒252、中嶋一貴が1分41秒744。この結果、7号車の平均タイムは1分40秒747ということになり、8号車の1分41秒498に大きな差をつけた。

 これによって、逆転でのタイトル獲得を目指す7号車が、ポールポジションを獲得した。8号車とは、サクセスハンディキャップで設定された0.54秒以上の差が開いた。

 今回のレースにはLMP1クラスはトヨタ2台のみの参戦。勝った方が今シーズンのタイトルを獲得することになる。

 LMP2クラスは、22号車のユナイテッド・オートスポーツがポールポジションを獲得した。

 まずアタックを行なったポール・ディ・レスタは、1分46秒768を記録。その後走行を引き継いだフィル・ハンソンも1分47秒356を記録してポールポジションを決めたかに思われたが、トラックリミット違反でこのタイムは抹消。再度アタックに挑まざるを得なくなった。

 ハンソンの2度目のアタックは1分48秒112。最初のタイムよりも0.8秒ほど遅くなったが、ライバルであるジャッキー・チェンDCレーシングの平均タイムを0.8秒近く上回り、クラスポールポジションを獲得した。

 LM-GTE Proクラスは、ケビン・エステレとミハエル・クリステンセンがドライブする92号車ポルシェGTチームがポールポジションを獲得。ニッキー・ティームとマルコ・ソレンセンの95号車アストンマーチン・レーシングが2番手につけた。

 LM-GTE Amクラスは、ポール・ダラ・ラナとロス・ガンの98号車ヴァンテージAMRがトップタイムを記録している。

Read Also:

シェア
コメント
WEC最終戦、プライベーター”不在”のLMP1サクセスハンデ調整。トヨタ2台の差は変わらず
前の記事

WEC最終戦、プライベーター”不在”のLMP1サクセスハンデ調整。トヨタ2台の差は変わらず

次の記事

WECバーレーン:7号車トヨタ優勝。小林可夢偉、念願のWEC王者に輝く

WECバーレーン:7号車トヨタ優勝。小林可夢偉、念願のWEC王者に輝く
コメントを読み込む