WECバーレーン:7号車トヨタ優勝。小林可夢偉、念願のWEC王者に輝く

WECの2019-2020年の最終戦バーレーン8時間レースが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車TS050 HYBRIDが優勝。小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイが、シーズン王者に輝いた。

WECバーレーン:7号車トヨタ優勝。小林可夢偉、念願のWEC王者に輝く

 WEC(世界耐久選手権)の2019-2020シーズン最終戦バーレーン8時間レースがバーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車TS050 HYBRID(小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイ)が優勝。僚友の8号車TS050 HYBRID(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー)に1分以上の差をつける完勝劇を見せた。

Related videos:

 なお今回の勝利により、7号車のドライバー3人が、今シーズンのWEC王者に輝くことになった。

 総合3位には、LMP2クラスの37号車ジャッキー・チェンDCレーシング(ホー-ピン・タン、ガブリエル・オーブリー、ウィル・スティーブンス)が入った。彼らは同時に、LMP2クラスの優勝も手にしている。特にオーブリーは、レース終盤にフォーミュラE王者であるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが駆る38号車JOTAスポーツをオーバーテイク。これが表彰台獲得の鍵となった。

 LM-GTE Proクラスは、ポルシェ911が1-2フィニッシュ。しかしタイトルを獲得したのは、クラス5番手で優勝した95号車アストンマーチン・ヴァンテージ(マルコ・ソレンセン、ニッキー・ティーム)だった。

Read Also:

シェア
コメント
WEC最終戦バーレーン予選:小林可夢偉&コンウェイ&ロペス組の7号車トヨタがPP獲得
前の記事

WEC最終戦バーレーン予選:小林可夢偉&コンウェイ&ロペス組の7号車トヨタがPP獲得

次の記事

WECタイトル獲得を喜ぶ小林可夢偉「ドライバーだけで成し遂げられた記録じゃない」

WECタイトル獲得を喜ぶ小林可夢偉「ドライバーだけで成し遂げられた記録じゃない」
コメントを読み込む