バトン、WECセブリングとスパを欠場へ。スーパーGTを優先か

シェア
コメント
バトン、WECセブリングとスパを欠場へ。スーパーGTを優先か
執筆:
協力: Valentin Khorounzhiy
2018/12/11 3:13

SMPレーシングは、ジェンソン・バトンが来年行われるWECセブリング1000マイルとスパ6時間レースを欠場することを認めた。

 世界耐久選手権(WEC)にSMPレーシングから参戦しているジェンソン・バトンは、スーパーGTのスケジュールを優先し、来年に行われるWECセブリング1000マイルとスパ6時間レースを欠場するようだ。

 2018年、バトンはスーパーGTにフル参戦。チーム・クニミツの一員となると、山本尚貴と#100 RAYBRIG NSX-GTを駆りチャンピオンに輝いた。バトンは同時にWECのLMP1クラスにも参戦しており、SMPレーシングの11号車をドライブ。先月の上海6時間レースでは3位表彰台を獲得した。

 先週発表されたWECセブリング1000マイルレースのエントリーリストにはバトンの名前があったものの、SMPレーシングはバトンがスーパーGTのテストに参加するため、セブリングを欠場することを認めた。

 また2019年の5月に予定されているスパは、スーパーGTの第2戦富士と日程が重複している。ホンダのスーパーGT参戦体制はまだ発表されてはいないものの、バトンは来年もスーパーGT出場を優先し、スパについても欠場する予定のようだ。両イベントは今年も同じ週末に開催されており、バトンはスパを欠場しスーパーGT富士に参戦していた。

 これにより、バトンが次にWECに参戦するのは、最終戦である2019年6月のル・マン24時間レースとなる。

 来年はスカイスポーツF1のコメンテーターも務めることになっているバトンは、「WECとスーパーGTに同時に参戦するのが簡単ではないことは、前々から分かっていたことだ」と話した。

「同時に、たとえ欠場することになっても、SMPレーシングのためにレースをするのは見逃すことができない素晴らしいチャンスだ」

「上海での表彰台は信じられないほどの成果であり、僕たちチームにとっての進歩だ。さらなる成果を得るために、これからも努力を続けていく」

 SMPレーシングは、バトンの代役が誰になるかをまだ発表していない。セブリングはWECの通常のイベントよりも長いため、チームは新しいドライバーを見つける必要があるだろう。元ウイリアムズのF1ドライバーであるセルゲイ・シロトキンは、バトン後任の有力候補だと考えられている。

次の記事
トヨタ、スープラの”スーパーGTコンセプト”をオートサロンに展示

前の記事

トヨタ、スープラの”スーパーGTコンセプト”をオートサロンに展示

次の記事

ジェンソン・バトン「来年は落ち着いたスケジュールで参戦したい」

ジェンソン・バトン「来年は落ち着いたスケジュールで参戦したい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT , WEC
ドライバー ジェンソン バトン 発売中
チーム SMP Racing
執筆者 Jamie Klein
まずは最新ニュースを読む