バイコレスがWECに復帰へ! スパとル・マンはLMP1が計7台参戦に?

バイコレスLMP1チームは、2019-2020年シーズン最後の2戦で世界耐久選手権(WEC)に復帰する予定だ。

バイコレスがWECに復帰へ! スパとル・マンはLMP1が計7台参戦に?

 バイコレスLMP1チームは、FIA世界耐久選手権(WEC)に復帰し、2019-2020年シーズン最後の2戦に参戦するようだ。

 チームLNTのジネッタ2台が次戦オースティン(2月23日決勝)の欠場を発表したことで、計3台までエントリーが減少したLMP1クラス。しかし、4月のスパ6時間レースと6月のル・マン24時間は一気にマシンが増えることになりそうだ。

 ジネッタが復帰するほか、レベリオンもレギュラー参戦している1号車に加え、2台目のマシンを投入。そしてバイコレスのCLM P1/01がシーズン初参戦となる。

 バイコレスは今シーズンの参戦をスキップし、来シーズンからスタートするLMHクラスに向けてマシン開発を進めていた。しかし、今季のスポット参戦の可能性は除外していなかった。

 motorsport.comの調べによれば、バイコレスは今回のスポット参戦を2014年から使用しているCLM P1/01の”さよならツアー”にするつもりだという。スパのレース数週間前に多くのアップデートが投入され、テストが行なわれる予定となっているようだ。

 CLM P1/01には、昨シーズン途中から使用されていたギブソン製4.5LのV8自然吸気エンジンが引き続き搭載される。

Read Also:

シェア
コメント
マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

前の記事

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

次の記事

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
チーム Kolles Racing
執筆者 Heiko Stritzke