F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days

ニック・キャシディ、WEC初参戦! スパ6時間でLMP2マシンをドライブ

シェア
コメント
ニック・キャシディ、WEC初参戦! スパ6時間でLMP2マシンをドライブ
執筆:
2020/03/06 13:06

ニック・キャシディは、WEC第7戦スパ6時間レースのLMP2クラスに、ユーラシア・モータースポーツから参戦する。

 フィリピンを拠点とするユーラシア・モータースポーツは、ル・マン24時間レース参戦に向けた準備の一環として、4月25日に行なわれるWEC(世界耐久選手権)2019-2020シーズン第7戦スパ6時間レースのLMP2に参戦し、スーパーフォーミュラ王者のニック・キャシディをドライバーに起用する。

 使用するマシンはリジェ・JS P217で、ドライバーはキャシディ、ダニエル・ガント、山中信哉という布陣となっている。

 ユーラシア・モータースポーツは今季、アジアン・ル・マンシリーズにもリジェ・JS P217で参戦。キャシディ、ガント、山中は共に同シリーズに出走し、マシンをシェアしている。

 ただ、キャシディはル・マン24時間出走のために参加必須なテストデー(5月30日)と、スーパーGTの鈴鹿戦がバッティングしている。そのため彼は、ル・マン24時間でチームに帯同しながらも、アドバイザー的な役割のみを担うこととなっている。

 今回キャシディのパートナーとなる山中は、自身のビジネスとモータースポーツ活動においてニュージーランドとの関わりが深い。そういった理由から、プロドライバーにはキャシディ、ガントというニュージーランド人を起用し、マシンカラーも同国のラグビー代表を想起させる“オールブラック”となっている。

「我々はスパでレースをしたことがあるが、リジェのLMP2マシンでスパを走るのは初めてだ」

 チーム代表のマーク・ゴダードはそう語った。

「WECのレースに参戦するということ自体も非常に楽しみだが、これはル・マンに向けた準備にもなる」

「よく知る3人のドライバーがいるので、できる限り多くのことを学び、24時間レースに向けてリジェのマシンをさらに熟成させていきたい」

 

Read Also:

次の記事
ル・マン新予選“ハイパーポール”はグッドアイデア? トヨタの小林と中嶋が称賛

前の記事

ル・マン新予選“ハイパーポール”はグッドアイデア? トヨタの小林と中嶋が称賛

次の記事

FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
ドライバー ニック キャシディ
チーム ユーラシア・モータースポーツ
執筆者 Jamie Klein