F1
31 7月
-
02 8月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
24 7月
-
26 7月
イベントは終了しました
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
18 7月
-
19 7月
イベントは終了しました
08 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
4 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
25 days

コルベットの新型GTEマシン、セブリングで”ダブルヘッダー”。WECにも参戦へ

シェア
コメント
コルベットの新型GTEマシン、セブリングで”ダブルヘッダー”。WECにも参戦へ
執筆:
2020/02/02 8:20

コルベット・レーシングは、3月にセブリングで行なわれるIMSAとWECのレースどちらにも、新型マシンのC8.Rで参戦するようだ。

 コルベット・レーシングは、デイトナ24時間レースでデビューしたミッドシップのC8.Rを、FIA世界耐久選手権(WEC)のオースティンとセブリングでも走らせるようだ。

 新型のシボレー・コルベットC8は、同ブランド史上初めてエンジンをミッドシップに搭載。C8をベースにしたGTE規格マシンのC8.Rも、同じくミッドシップ・エンジンとなっている。

 この新型C8.RはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦、デイトナ24時間レースでデビュー。アントニオ・ガルシア、ジョーダン・テイラー、ニッキー・キャッツバーグがドライブし、GTLMクラス4位となった。

 WECは第5戦オースティン、第6戦セブリング1000マイルレースとアメリカでのレースが続くが、コルベットは両レースにC8.Rを1台参戦させるようだ。なお、ドライバーは発表されていない。

 特にセブリングでは、WECのレース翌日にIMSAのレース(セブリング12時間)が行なわれるため、コルベット・レーシングはせわしない週末を送ることになるだろう。

 これにより、WECのLM-GTE Proクラスは各2台のポルシェ、フェラーリ、アストンマーチンにコルベットが加わり、計7台のエントリーとなる。一方、LMP2クラスのクールレーシングは、”ロジスティック上の制約”により都合がつかないとして、セブリングの暫定エントリーリストに載っていない。

 また、セブリングと同じ週末にはフォーミュラEの三亜ePrixが開催される予定であり、LMP2クラスを戦うアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(JOTAスポーツ)やニック・デ・フリーズ(レーシングチーム・ネダーランド)はWECを欠場する予定だ。

 しかし、中国では新型コロナウイルスの流行が拡大しており、三亜ePrixは中止または延期される可能性がある。そうなった場合、ふたりはWECでレースができるようになる。

 セバスチャン・ブエミやブレンドン・ハートレー(共にトヨタ/LMP1)、ジェームス・カラド(フェラーリ/LM-GTE Proクラス)もフォーミュラEを戦っているが、こちらは元々WECを優先する予定となっていた。

Read Also:

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

前の記事

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

次の記事

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
チーム コルベット・レーシング
執筆者 Jamie Klein