【ELMS】平川亮、GドライブからELMS参戦決定。WEC参加への布石か?

シェア
コメント
【ELMS】平川亮、GドライブからELMS参戦決定。WEC参加への布石か?
2017/02/09 2:30

TOYOTA GAZOO Racingは、トヨタの欧州ドライバー育成プログラムに参加している平川亮が、欧州ル・マンシリーズに参戦することを発表した。

 TOYOTA GAZOO Racingは、欧州ル・マンシリーズ(ELMS)に平川亮が参戦することを発表した。

 世界及び日本のトップカテゴリーレースで活躍できるレーシングドライバー育成のため、TOYOTA GAZOO RacingはTDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)を推進している。将来のWECドライバーを目指して昨年からスタートした欧州TDPは2年目を迎え、平川亮がG-Drive Racing からELMSに参戦することとなった。

 G-Drive Racingは、ELMSのLMP2クラスに#22オレカ07-Gibsonで出場する。チームメイトは、メキシコ人ドライバーのメモ・ロハスで、もう1名は未定。 なお平川は、日本のスーパーGTシリーズにも出場するため、ELMS第3戦、第4戦は欠場する予定だ。

 昨年もティリエ・バイ・TDSレーシングからELMSのLMP2クラスに参戦していた平川は、今年さらに耐久シリーズの経験を積むことになる。この動きは、FIA世界耐久選手権(WEC)参加への布石の可能性が高い。今年、TOYOTA GAZOO Racingは3台目のマシンを、WEC第2戦スパ6時間レース、第3戦ル・マン24時間レースに投入する。昨年、劇的な結末で勝利が手からこぼれ落ちたトヨタは、必勝体制で伝統のレースに臨むのだ。

 この3台目のマシンのドライバーは、昨年レギュラードライバーを務めたステファン・サラザンのみが発表済み。残りの2名のドライバーが未発表だが、平川が起用される可能性が高いと考えられている。

【関連ニュース】

トヨタが”ル・マン”に挑戦する理由

【WEC】3台目トヨタTS050 HYBRIDのドライバーは国本、それとも?

【WEC, ル・マン】トヨタのカーナンバーは7&8。3台目は9号車に

【WEC】WTCC王者ロペス、トヨタでWEC参戦「開幕が待ちきれない」

平川亮がELMS初優勝。中野信治9位:ELMS第2戦イモラ

2017年欧州ル・マン シリーズ スケジュール

第1戦 4月15日(土) シルバーストーン(イギリス)  

第2戦

5月14日(日) モンツァ(イタリア)  
第3戦 7月23日(日) レッドブルリンク(オーストリア) 欠場
第4戦 8月27日(日) ポールリカール(フランス) 欠場
第5戦 9月24日(日) スパ・フランコルシャン(ベルギー)  
第6戦 10月22日(日) ポルティマオ(ポルトガル)  
次の WEC ニュース
【WEC】ロマン・ルシノフ「契約先を考えるには様々な要素がある」

前の記事

【WEC】ロマン・ルシノフ「契約先を考えるには様々な要素がある」

次の記事

【WEC】フェラーリ、ジャンマリア・ブルーニの後任をテスト

【WEC】フェラーリ、ジャンマリア・ブルーニの後任をテスト
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース