F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
38 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
52 days

フェラーリ、LMDhは”理想的”?「シャシーとエンジンの独自化が可能なら……」

シェア
コメント
フェラーリ、LMDhは”理想的”?「シャシーとエンジンの独自化が可能なら……」
執筆:
2020/02/11 5:19

フェラーリは、1月に発表された新しいプロトタイプカテゴリー”LMDh”クラスについて、エントリーを検討しているようだ。

 フェラーリは、1月にWEC(世界耐久選手権)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権が発表した新しいプロトタイプカテゴリーである”LMDh”について、ポジティブな評価を下しているようだ。しかし、エントリーには条件をつけている。

 フェラーリのGTレーシング部門を率いるアントネッロ・コレッタは、IMSAの次世代トップクラスのマシンが、2021-22年シーズンからWECにも参戦できるようになるLMDhの規定は、フェラーリにとって素晴らしいチャンスになりうると話した。

 彼はWECのLMH規定に関して、コストの削減可能かつ同じクルマでIMSAを戦うことができれば、「フェラーリにとって完璧だ」と話していた。

 もしフェラーリがプロトタイプのスポーツカーレースに参戦した場合、1994年に初登場し、2001年まで世界中で使われたフェラーリ333SP以来となる。

 しかしコレッタは、現時点でLMDhの計画概要がLMP2車両をベースとして開発するとされている点は、フェラーリにとって都合が悪いと述べた。

「我々は”フェラーリのシャシー”が使えるようになることを望んでいる。それが必要なんだ」

「ロードカーと直接の繋がりがあることが重要だ。そうでなければ、フェラーリとは言えない」

 一方で、フェラーリのエンジンを搭載したLMDhマシンは、フェラーリのカスタマーやコレクターにとって格別な魅力を持っていると、コレッタは認めた。

 3月に開催されるWECとIMSAのダブルヘッダー、”スーパーセブリング”でLMDhの規則の詳細が発表される予定となっている。

「IMSAとACO(フランス西部自動車クラブ/WEC主催者)の、全てのパートナーと話し合い、議論を行なっている」と、コレッタは話した。

「現時点では、それについてあまり話さない方がいいだろう。最終的な規則が定められるセブリングを待ちたい」

 コレッタによれば、仮に独自でシャシーを製造することができた場合、LMDhの車両はLMH車両よりもはるかにコストを節約できるという。

 彼は、フェラーリが独自のシャシーとエンジンを使用できるなら、既存LMP2のランニングギアを使用してマシン開発をすることに問題はないと示唆。WECでのLMDhプログラムは、現在LM-GTE Proクラスに参戦しているAFコルセのファクトリーチームと同程度のコストになると考えているようだ。

「ブレーキやハイブリッドシステム、サスペンションなど、LMDh車両が同じパーツを使えば、コストは低くなる」

「予算があれば、新しいカテゴリーで戦うことができると思う」

Read Also:

次の記事
トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

前の記事

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

次の記事

レベリオン、2020年のル・マンを最後にモータースポーツから撤退

レベリオン、2020年のル・マンを最後にモータースポーツから撤退
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC , IMSA
執筆者 Gary Watkins