赤旗中断の原因となった黄色いバンプ、FP2後に全て撤去

シェア
コメント
赤旗中断の原因となった黄色いバンプ、FP2後に全て撤去
執筆: 吉田知弘
2018/10/13 1:13

2018-19WEC第4戦富士。金曜日のフリー走行で度重なる赤旗の原因となった縁石外側にあった黄色のバンプが、全て撤去されて土曜日以降のセッションを行うことになった。

 富士スピードウェイで行われている2018-19FIA世界耐久選手権(WEC)の第4戦。金曜日のフリー走行で度重なる赤旗の原因となった黄色のバンプが、セッション後に全て撤去されることになった。

 発端となったのは金曜午前に行われたフリー走行1回目。今回のWEC用に13コーナー外側に設置された黄色のバンプが破損。その補修のために約30分にわたってセッションが中断された。

 同様のトラブルはフリー走行2回目でもセッション序盤に2回発生。ついに13コーナーに3つ設置されていたバンプが全て撤去された。

 富士スピードウェイによると、このバンプはWEC用に今週設置したものだったとのこと。同様のものがコース中盤のADVANコーナーとダンロップコーナーにも設置され、大幅な縁石カットを防ぐために設置されていた。

 なお、フリー走行2回目が終了した後に残る2ヶ所のバンプも撤去されることになり、フリー走行3回目からは黄色いバンプがない状態でセッションが進められている。

次の WEC ニュース
バトン、今季3度目の富士戦に余裕「このコースはかなり経験を積んだ」

前の記事

バトン、今季3度目の富士戦に余裕「このコースはかなり経験を積んだ」

次の記事

WEC富士:FP3は30分延長されて実施、トヨタ7号車がトップタイム

WEC富士:FP3は30分延長されて実施、トヨタ7号車がトップタイム
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 富士6時間レース
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース