F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

グリッケンハウス、LMH計画は“超真剣”!「トヨタを倒すチャンスがあるのは事実」

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは、WEC(世界耐久選手権)参戦に向けてLMHのプログラムに「真剣に取り組んでいる」と主張しており、トヨタを倒すチャンスがあるのは事実だと語った。

グリッケンハウス、LMH計画は“超真剣”!「トヨタを倒すチャンスがあるのは事実」

 かねてよりWEC(世界耐久選手権)に参戦する意向を示していたアメリカの小規模メーカー、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは、来季から最高峰クラス車両となるLMハイパーカー(LMH)車両を持ち込んでWECの2021年シーズンに参戦することとなる。

 グリッケンハウスが来季投入する2台の『SCG 007』は、イタリアのポディウム・アドバンスド・テクノロジーズが開発。また、フォード、プジョー、ヒュンダイのWRC(世界ラリー選手権)エンジンの設計で知られるピポ・モチュールが3LツインターボV6エンジンの開発に乗り出した。

Read Also:

 WECの新シーズンは来年3月にセブリングで開幕予定となっているが、グリッケンハウスは年末までにLMH車両のテストを完了させることを目指している。彼らは来季、同じくLMH車両で参戦予定のトヨタ、バイコレスと争う予定であり、アルピーヌもLMP1車両を用いての最高峰クラス参戦を表明している。また、プジョーも2022年からWECにやってくる予定だ。

 こういった背景から、グリッケンハウスのマネージングディレクターを務めるジェームス・グリッケンハウスは、WECへの参戦は決して軽視するべきではないと語った。

「我々のル・マンへの取り組みは真剣なものだ」

「WRCを12度制したピポの素晴らしいエンジンを積んでの2台体制だ。そしてマシンを作っている人間はF1やLMP1の出身だ」

「我々のマシンはとても本格的なものになるだろう。勝てるとは言っていないが、トヨタを倒すチャンスがあるというのは冗談でもなんでもなく、紛れもない事実だ。勝てると言っている訳ではなく、勝つ可能性があると言っているんだ」

 2月にはLMH車両のレンダリング画像を公開したグリッケンハウスだが、来季のWECを戦う最終バージョンについてはまだ発表されていない。彼らは見た目としても魅力的なマシンを開発したいと語っており、1960年代のル・マン24時間レースを戦っていたような往年のプロトタイプマシンからインスピレーションを得ているようだ。

 マシンの外観について、ジェームス・グリッケンハウスは次のように語った。

「これは我々にとって重要なことだ」

「私は60年代のマシンが好きで、それらは美しかった。フォードGT、ローラ、ポルシェ、フェラーリ……彼らのマシンは美しかった。我々が取り組もうとしているところはそこだ」

「我々は許容されている中で最大限の空力(パーツ)を搭載している。しかし個人的には、同じレベルの空力を搭載しているマシンよりも、我々のマシンの方が綺麗に見えると思うし、それはとても重要なことだ」

 また、グリッケンハウスはWEC以外にも、自社のGT3マシン『004C』をカスタマーチームに供給する形で、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦することにも関心を示している。

 

Read Also:

シェア
コメント
WECタイトル獲得を喜ぶ小林可夢偉「ドライバーだけで成し遂げられた記録じゃない」

前の記事

WECタイトル獲得を喜ぶ小林可夢偉「ドライバーだけで成し遂げられた記録じゃない」

次の記事

アウディ、LMDh規定でスポーツカーレース復帰。フォーミュラEは撤退しダカールへ

アウディ、LMDh規定でスポーツカーレース復帰。フォーミュラEは撤退しダカールへ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
チーム Scuderia Cameron Glickenhaus
執筆者 Rachit Thukral