トップイベント

グリッケンハウス、全7名のドライバーを発表。ル・マンを2度制したロマン・デュマを起用

グリッケンハウスは、2021年シーズンのWECハイパーカークラスに参戦するさいに起用するドライバーのラインアップを発表した。

シェア
コメント
グリッケンハウス、全7名のドライバーを発表。ル・マンを2度制したロマン・デュマを起用

 2021年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)ハイパーカークラスに参戦するグリッケンハウス・レーシングは、リザーブドライバーも含め7人のドライバーを発表した。

 今季から新たに導入されるLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定のマシンを開発し、WECのハイパーカークラスに2台体制で参戦するグリッケンハウス。1月21日に発表された今季のWECエントリーリストでは、708号車のグスタボ・メネゼス、709号車のライアン・ブリスコ-と、各車ひとりずつのドライバーしか明かしていなかった。

Read Also:

 そして1月29日、グリッケンハウスは新たに追加のドライバー5名を発表。その中で最もWECで実績があるのはロマン・デュマだ。デュマはアウディやポルシェのLMP1マシンに乗り、2010年と2016年にル・マン24時間レースを制している。

 加えて、耐久レースの経験が豊富なピポ・デラーニやオリビエ・プラ、リチャード・ウェストブルック、フランク・メイルーがラインアップされている。

 グリッケンハウスは2月早々にニューマシンである『グリッケンハウス 007 LMH』を発表すると見られるが、2台のドライバーの組み合わせや、7人のうち誰がリザーブドライバーとなるのかはまだ分かっていない。

 また、当初グリッケンハウスはアメリカのセブリングで開催される開幕戦は欠場する予定だった。しかしコロナ禍の影響を受けて開幕戦がポルトガルのアルガルベ・サーキットに変更になったことを受け、4月4日の開幕戦に参戦する意向を示している。

 ドライバー発表に際し、チーム創設者のジム・グリッケンハウスは、次のようにコメントした。

「我々のチームに加わったドライバーを誇りに思っている」

「我々は、国際的な”ダビデとゴリアテの戦い”に挑んでいる。これまでの歴史で、我々は自分たちの階級以上のパンチ力を持っていることを示しているんだ」

 グリッケンハウスのWECプログラムを統括するポディウム・アドバンスド・テクノロジーズのチームマネージャーであるルカ・チアンケッティは、次のように付け加えた。

「我々は速くて経験豊富なドライバーを求めていた。そして我々のプログラムにもたらす価値を考慮して、彼らを選んだ」

「彼らは我々のプログラムに多大な関与を示してくれており、グリッケンハウス 007 LMHを運転するのを待ち遠しく思っている」

Read Also:

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

前の記事

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

次の記事

トヨタ、GR010のアラゴンテストを再実施。小林可夢偉と中嶋一貴はようやく初ドライブ叶う

トヨタ、GR010のアラゴンテストを再実施。小林可夢偉と中嶋一貴はようやく初ドライブ叶う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
チーム Scuderia Cameron Glickenhaus
執筆者 Gary Watkins