F1
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
16 10月
イベントは終了しました
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
01 10月
イベントは終了しました
R
オートポリス
23 10月
Canceled
スーパーフォーミュラ
17 10月
イベントは終了しました

グロージャン、プジョーのLMHプログラムに興味津々!「魅力的な選択肢を検討している」

シェア
コメント
グロージャン、プジョーのLMHプログラムに興味津々!「魅力的な選択肢を検討している」
執筆:
, Grand prix editor

ロマン・グロージャンは、2022年にWECとル・マン24時間レースに復帰するプジョーのハイパーカープログラムに興味を持っているようだ。

 ロマン・グロージャンは、ハースF1チームがF1に参入した2016年からチームに所属しているが、現行の契約は今季限りで満了となる。チームは2021年に向けて、複数人の候補の中から、ドライバーを選定している状態だ。

 残るF1シートがわずかということもあって、グロージャンはF1以外の選択肢にも目を向けており、以前にはWEC(世界耐久選手権)やフォーミュラEを可能性のある選択肢として挙げていた。

 一方、プジョーは新しいプロトタイプ車両を開発し、2022年にスポーツカーレースのトップカテゴリーであるWECのLMHクラスに参戦する予定となっている。

Read Also:

 プジョーのプロジェクトに興味があるかと訊くと、グロージャンはプジョーがル・マンに戻ってくるという見通しに興奮していると話した。

「世界で最も偉大なレースのひとつにフランスのコンストラクターが参加するのだから、良いプロジェクトだと思うよ」とグロージャンはmotorsport.comに語った。

「ハイパーカーによって、できるだけ多くのコンストラクターが戻ってきて、耐久選手権がまた新たな黄金時代を迎えることを願っている」

「トヨタは素晴らしい仕事をしているが、現実を見よう。今みたいに、チームメイト同士でル・マン24時間を争っているのを見るのは、あまりエキサイティングなことではない」

「プジョーもトヨタもいるし、他のコンストラクターが来ることを願っている。残りの5分まで何が起きるか分からない、スリリングなレースが復活するだろう」

 グロージャンは、プジョーがドライバーラインアップを決める前に”多くのこと”を解決しなければならないとしつつも、今後の計画について話し合うことに意欲を示した。

「今後に向けて、僕はこのプロジェクトに非常にとても興味を持っているから、いつか連絡を取り合うことになるだろう」

 グロージャンは2010年にルノーのF1シートを失ったこともあって、マテック・コンペティションのフォードGT1を駆り、FIA GT1世界選手権に参戦。ル・マン24時間レースにも参戦(結果はリタイア)した経験を持つ。

 自身の将来について改めて訊かれると、グロージャンはF1以外の選択肢も含めて、魅力的な方向性を探っていると答えた。

「計算はとても簡単だと思う。あまり多くのF1シートは残っていないんだ」

「そういった面で言えば、憶測は少し減っている。F1以外の選択肢も視野に入れて、何が本当に魅力的なのかを考えている」

「みんなもすぐに分かると思う。幸いなことに、今後はその質問に答える必要はないだろう」

Read Also:

プジョー、2022年のWEC参戦に向けてドライバーの”分析”をスタート

前の記事

プジョー、2022年のWEC参戦に向けてドライバーの”分析”をスタート

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , WEC
ドライバー ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Luke Smith