“世界の舞台”WECを目指す平川亮に、星野一義監督が愛のあるエール「俺のところは早く卒業して、ステップアップしなさい!」

TEAM IMPULの星野一義監督は、トヨタからのWEC参戦を目指す平川亮に対し、このチャンスを活かしてステップアップして欲しいと語った。

“世界の舞台”WECを目指す平川亮に、星野一義監督が愛のあるエール「俺のところは早く卒業して、ステップアップしなさい!」

 スーパーフォーミュラにcarenex TEAM IMPULから参戦する平川亮は、9月にスペインのカタルニア・サーキットで行なわれる TOYOTA GAZOO RacingのWEC(世界耐久選手権)チームのテストに参加する。平川にとってGR010 HYBRIDをドライブするのはこれで2度目となるが、本人曰く「おそらく今後に向けたオーディションも含めてやると思う」とのことで、来季以降のドライバー選考にも関わる重要なテストになるとみられる。

Read Also:

 平川はこれまで、「世界の舞台で戦いたい」という意思を公言しており、2017年にはELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)に参戦。F1に挑戦してみたいと語ったこともある。そして今は、将来的なWECレギュラー参戦に意欲を見せている。

 そんな平川を2018年からスーパーフォーミュラで起用しているcarenex TEAM IMPULの星野一義監督は、平川が世界へと羽ばたくチャンスを手にしていることについて、寂しさはありながらもそれ以上に嬉しさを感じているようだ。

「俺のところは早く卒業して、ステップアップしなさいと(言っている)。俺はそういうタイプだからね」

 スーパーフォーミュラ第5戦が行なわれるツインリンクもてぎのパドックで、星野監督はそう語った。

「そうやって、(TEAM IMPULに)来た人が次から次へと卒業してくれたら嬉しいじゃないですか」

「もちろん、ずっと(チームに)いてくれた方がいい。でも平川のために、『俺のことは心配するな、ステップアップしなさい』という気持ちです。トヨタもその窓口を作ってくれているし、こんなチャンスはない。今日も『その路線から外れないように思い切りやれよ』と励ましたところです」

「平川のステップアップに対して僕がブレーキかける訳ないですよ。大いに良いことです」

 現役時代は“日本一速い男”と呼ばれ、ル・マン24時間レースやデイトナ24時間レースなど、世界の舞台でも活躍した星野監督。耐久レースの厳しさも身をもって知っている。

Kazuyoshi Hoshino, TEAM IMPUL

Kazuyoshi Hoshino, TEAM IMPUL

Photo by: Masahide Kamio

「24時間レースは40時間くらい寝ないでやるわけですよ。そうすると一番怖いのはミスだったりします。だからミスをしないように、1、2割力を落としながら走らないといけない」

「(ル・マン24時間が行なわれるサルト・サーキットは)コースが1周13kmもある訳だから、場所によって条件も違う。ホームストレートでは2速で走らないといけないくらい(ウエット)なのに、ユノディエールに行くと完璧なドライで、今度は300kmオーバーで走ったり……色んなことがある訳ですよ」

「でも、そういうのは自分で勉強しないといけないし、どういう条件でも一番速いというのがプロの仕事です。ドライバーにとって必要なのは、何に乗っても速いこと。ツーリングカー、フォーミュラ、ル・マン……何乗っても一番でなくちゃダメ」

「『俺もそうやってやってきたから、お前にもできるよ』と思います。平川にはその素質があると思うし、彼は器用ですから」

 先日行なわれた2021年のル・マン24時間では、トヨタが4連覇を達成。今後最高峰クラスには多くのライバルメーカーの参戦が予定されているため、競争はますます激化していくものと思われるが、平川には今、“ル・マンで勝てるマシン”で戦うチャンスが巡ってきていることは確か。星野監督は「今はトヨタが(ル・マンで)勝てるポジションにある訳だから、すごくチャンスですよね。登りつめてほしいし、頑張ってほしいね」と目を細めていた。

 

Read Also:

シェア
コメント
平川亮、2度目のハイパーカーテストはWEC参戦実現に向けての重要な場に?「レギュラー陣と同等以上の走りができれば」
前の記事

平川亮、2度目のハイパーカーテストはWEC参戦実現に向けての重要な場に?「レギュラー陣と同等以上の走りができれば」

次の記事

平川亮、2回目のトヨタGR010テスト参加も、来年はまだ未定「このチャンスは逃したくない」

平川亮、2回目のトヨタGR010テスト参加も、来年はまだ未定「このチャンスは逃したくない」
コメントを読み込む