F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

クビサ「WEC参戦とF1での役割を両立することは”リスク”を伴う」

シェア
コメント
クビサ「WEC参戦とF1での役割を両立することは”リスク”を伴う」
執筆:
協力: Oleg Karpov
2018/04/20 8:23

クビサは、今シーズンWEC参戦とウイリアムズでの役割を掛け持ちすることは、あまりにも"リスク"を伴うと語った。

#4 ByKolles Racing CLM P1/01: Robert Kubica, Oliver Webb
Robert Kubica, Williams FW41
Robert Kubica, Williams FW41
Robert Kubica, Williams Martini Racing
Robert Kubica, Williams Martini Racing, talks to the media
#6 CEFC TRSM RACING Ginetta G60-LT-P1: Oliver Rowland, Alex Brundle
#6 CEFC TRSM RACING Ginetta G60-LT-P1: Oliver Rowland, Alex Brundle
#6 CEFC TRSM RACING Ginetta G60-LT-P1

 ウイリアムズF1のリザーブドライバーであるロバート・クビサは、今シーズンWEC参戦とウイリアムズでの役割を掛け持ちすることは、あまりにも"リスク"を伴うと語った。

 バルセロナで行われたF1のシーズン前テストに参加したクビサは、その合間にWEC2018/19年シーズンに参戦するマノーLMP1チームのマシンに乗るチャンスを得て、アラゴンでのテストに参加した。

 しかし、結局クビサはWECに参戦することを断念し、ウイリアムズF1での役割に徹することを選択した。

「主な理由は、時間の限りがあったからだ。結局ウイリアムズF1での役割でかなり忙しい」

 そうクビサは語った。

「確かに両立することは可能だ。でもそうするとなると5ヵ月のうち、僕が家に帰れるのは8日間しかないことになる」

「結局はふたつの物事をやるよりも、ひとつのことに集中した方がいいと思う。そうしなければ危険が伴う可能性がある」

 クビサはWEC2017年シーズンにバイコレスから参戦する予定だったが、モンツァで行われたプロローグテストでマシンに技術的な問題が発生したことも重なり、結局実現することはなかった。

 しかし今年のマノーのマシンであるジネッタ・G60-LT-P1にはなんの問題もなく、昨年とは状況が違っていると主張した。

「コレスとマノーでは、状況が違っている。最終的に僕はマノーとテストを行い、テストの後に(乗らないと)決めた。マシンのパフォーマンスに問題はなかった」

「実際、このプロジェクトに費やせる時間はもっとあった。でも僕はテスト以降、そう結論づけたんだ」

「レギュレーションの観点から言うと、かなり興味深いし、ル・マンに参戦できないことは残念だ。でも結局僕はウイリアムズに集中すると決めた」

 マノーは、水曜日にアレックス・ブランドルとオリバー・ローランドが担当する6号車ジネッタに、新たにオリバー・ターベイを迎え入れたことを発表した。

 なお5号車ジネッタには、チャーリー・ロバートソンとディーン・ストーンマン、レオ・ラッセルが搭乗することになっている。

次の記事
今季レース復帰のマルドナド「LMP2マシンのパフォーマンスに驚いた」

前の記事

今季レース復帰のマルドナド「LMP2マシンのパフォーマンスに驚いた」

次の記事

大改造されたポルシェ919HV、ニュル北コースでのタイム更新目論む

大改造されたポルシェ919HV、ニュル北コースでのタイム更新目論む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
ドライバー ロバート クビサ
チーム マノー , ウイリアムズ
執筆者 Jamie Klein