LMP1に“勢い”を与えるロードカースタイルの提案、複数メーカーが興味

次世代LMP1マシンの見た目をロードカーに近いものにするという提案に、トヨタは好感触。他メーカーも強い興味を抱いているようだ。

 トヨタは、次世代のLMP1車両をハイパフォーマンス・ロード・カーのようにみせるという提案は、スポーツカーを手がける一流マニュファクチャラーの間で“高い関心”を生み出していると述べた。

 各マニュファクチャラーのLMP1への関心が衰えた結果、世界耐久選手権(WEC)を統括するFIAとACO(フランス西部自動車クラブ)は2020/21シーズンに新しいレギュレーションを策定、導入すべく一連の会合を開催した。

 その中で1990年代後半のGTプロトタイプと同じようなスタイルのマシンを作り出すという提案がなされた。これに対してはポジティブなフィードバックが得られており、マクラーレン社のザク・ブラウンCEOが、この方向性を追求することに強い関心を示した。

 TMG(Toyota Motorsport GmbH)の村田久武社長は先月のWECシーズン終了時に、長期的にスポーツカーレーシングへ挑戦していく準備をしていることを示唆し、来シーズンのWECに参戦することを認めた。

 TMGテクニカルディレクターのパスカル・バセロンは、LMP1に参戦メーカーを増やすため、LMP1を関係者にとって魅力的なモノにしていくことを軸にした議論が、このカテゴリーの将来を奨励していくものになると語った。

「明らかに、ルールの方向性はGTカーのようになりつつある。我々が感じていることはポジティブであり、このカテゴリーに勢いを与えている」とバセロンは語る。

「スタンダードなLMP1マシンは、視覚的に識別するのが難しく、多くのメーカーが関心をなくしているというのは事実だ」

「ただ、スポーツカーのようなプロトタイプマシンについては、多くの関心が集まっている。現時点ではポジティブな勢いがある」

 この提案が、IMSウェザーテックスポーツカー選手権で使用されているDPiクラスよりも、ロードカーとの類似性が高い車両を使用することを意味するのかという質問に対しては、「少し(話すのは)早いが、ターゲットは近いところにある」とバセロンは回答した。

「全ての要素について車両をGTのように見せるのか否か、詳細を明らかにする必要がある」

 トヨタは、WECのトップクラスであるLMP1に最低1社のライバルメーカーがいれば満足と考えているが、今後は3社以上のメーカーが存在する可能性があると、バセロンは考えている。

 2020/21シーズンのルールに関する議論にはトヨタだけでなく、マクラーレンや、LMP1クラスから撤退したポルシェも参加しているのだ。

「マニュファクチャラーが2つ以上に増えれば、新しいルールは成功と言える」とバセロンは付け加えた。

「別の競合相手が現れれば、我々は満足だ。現時点では2社以上の可能性がある。今は『興味を持っている』と言うのは簡単だが、間違いなく1ヶ月前よりはるかに勢いがある」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース