レベリオン、オレカと共にLMP1車を開発。3月にマシンお披露目

シェア
コメント
レベリオン、オレカと共にLMP1車を開発。3月にマシンお披露目
執筆: Gary Watkins
協力: Roman Wittemeier
2018/02/06 6:41

オレカは、2018/2019年WEC LMP1クラスにレベリオン・レーシングのシャシーメーカーとして参戦することを発表した。

 フランスのシャシーメーカーであるオレカは、2018/2019年WEC LMP1クラスにレベリオン・レーシングのシャシーメーカーとして参戦することを発表した。

 2017年にLMP1からLMP2に戦いの場を移したレベリオンは、オレカシャシーを用いてLMP2クラスチャンピオンを獲得した。その後レベリオンは、2018/2019年シーズンに再びLMP1クラスに挑戦すると発表。その時点からレベリオンはオレカと提携してLMP1クラスに参戦するのではないかという憶測があった。

 オレカは来月に行われるジュネーブ・モーターショーで"レベリオンR 13"と呼ばれるマシンを発表することを明らかにしている。

 "レベリオンR 13"は、LMP2クラスのマシンで使用されているギブソンエンジンをLMP1クラス用にアップグレードした4.5L自然吸気(NA)エンジンを搭載しているという。

 オレカCEOであるユーグ・ド・ショーナックは次のように語った。

「新しくLMP1プロトタイプを設計することは素晴らしい挑戦だった。設計部門がオレカ07の開発を始めた時、我々はオレカ05からさらにレベルアップしたシャシーを作りたいと強く願っていた」

「2017年での成功は、競争の激しいLMP1クラスに挑戦するモチベーションに繋がり、我々はステップアップすることを決心した」

「NAエンジンでは、ハイブリッドを搭載したトヨタに対抗することは困難だろう。しかし"レベリオンR 13"は強力なチャレンジャーとなれる」

 2014年にそれまで使用していたシャシーをローラからオレカに置き換えた時から、オレカとレベリオンの提携は始まっている。

 レベリオンのドライバーラインアップは、元ポルシェLMP1クラスのアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニ、さらにLMP2クラスでタイトルを獲得したブルーノ・セナとマティアス・ベッシェ、グスタヴォ・メネゼス、トーマス・ローランであるとすでに発表されている。

次の WEC ニュース
WEC、2018/19年は台数制限を緩和。最大34台のエントリー可能に

前の記事

WEC、2018/19年は台数制限を緩和。最大34台のエントリー可能に

次の記事

2018年仕様のトヨタTS050Hybrid画像が公開。形状はほぼ変わらず

2018年仕様のトヨタTS050Hybrid画像が公開。形状はほぼ変わらず
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
チーム Rebellion Racing
執筆者 Gary Watkins
記事タイプ 速報ニュース