LMP1撤退のポルシェ、新型エンジン開発は継続。F1参戦には言及せず

ポルシェはWECのLMP1クラスから撤退し、フォーミュラEに参戦することを発表したが、新型の6気筒エンジンの開発は継続するという。

 ポルシェはフォーミュラEのシーズン5(2019/20年)からの参戦に集中するために、世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスから撤退した。しかし同時に、F1が2021年から導入する新しいエンジンルールにも興味を示しており、LMP1のチーム代表だったアンドレアス・ザイドルが会議に出席している。

 WECのLMP1から撤退するとポルシェが発表した時点で、彼らは新型のエンジン開発に4カ月もの時間を費やしていた。さらに、現在もドイツ・ヴァイサッハにある拠点で30人ほどの規模で、開発プロジェクトが継続されているという。

「我々がLMP1を続けた場合、我々の4気筒エンジンは限界に達しており、新しいエンジンを開発しなければいけないことは明らかだった」と、ポルシェLMP1のディレクターであるフリッツ・エンツィンガーは明かした。

「4月には6気筒のエンジンに取り組み始めた。もちろんその開発を完了したかったので、そうしている。完全なエンジンを開発する義務がないので、まず最初に単気筒のエンジンに取り組んでいる」

 このエンジン開発プロジェクトが、今後F1に参戦するための計画の一部となるかどうか尋ねると「我々にそのような命令は出されていない。今の時点ではそれ以上のことは言えない」と彼は答えた。

 ポルシェはすでに、LMP1エンジンの熱効率40%以上を達成しているというが、メルセデスF1がベンチ上で達成したという熱効率50%を目標にしていると考えられている。

 ポルシェCEOのオリバー・ブルームは、このエンジンプロジェクトは主に同社の将来のロードカーの研究開発に重点を置いたものだと強調した。

「F1についてはコメントしない」

「(ポルシェの将来のモータースポーツ活動について)多くの解釈がある」

「今のところ、フォーミュラEに集中している。ポルシェは、会社に過剰なストレスを与えないように、常に1つのことに集中するようにしてきた」

「ヴァイサッハにある新しいデザイン部門には新しい風洞が直結されており、設計されたモデルをいつでもテストすることができる。ドライブトレインの新しいテスト部門は近々設立される。そして、エレクトロニクスの統合部門も完成した」

「10年前にヴァイサッハを見た人にとっては、今や見る影もないほど大きく変わっている」

 motorsport.comの調べでは、ポルシェのエンジン開発チームは親会社であるフォルクスワーゲン・グループの支援を受けているようだ。フォルクスワーゲンでWRCのエンジンチーフを務めていたドナトゥス・ウィチェルハウスもこのプロジェクトに参加しているという。

 しかしブルームCEOは、現時点でモータースポーツに関する開発についての話はないと述べた。

「将来の(ロード)スポーツカーのため、1気筒のエンジンで燃焼システムをテストすることから始めた」

「それがモータースポーツで使えるかどうかは二の次であり、現時点では議論の余地がない」

「似たようなシステムはすでにレースで使われているが、我々はこれまで以上の効率化を図っている。そして、我々はこれまで常に成功を収めてきた」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース