F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
19 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
35 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
49 days

マクラーレン、WECに興味も”ハイパーカー”は手が出ず。IMSAとの連携を期待

シェア
コメント
マクラーレン、WECに興味も”ハイパーカー”は手が出ず。IMSAとの連携を期待
執筆:
2019/12/16 7:20

マクラーレンは、IMSAを戦うDPiクラスの車両で参戦できるようにならない限り、2020年からWECで始まるLMHクラスに参戦するつもりはないようだ。

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、FIA世界耐久選手権(WEC)で2020-2021年シーズンからスタートするLMHクラスについて、財政的に参戦が厳しいと考えているようだ。

 一方で、北米のIMSAウェザーテックスポーツカー選手権が2020年に導入する予定のDPi 2.0規則について、LMHクラスとの統合をFIAやWECプロモーターであるACO(フランス西部自動車クラブ)、そしてIMSAが検討していることを、ブラウンは歓迎している。それが実現した場合、それぞれのマシンがお互いのシリーズに参戦することが可能になるだろう。

 DPi 2.0と呼ばれる新規定は、シリーズ最高峰クラスであるDPiの現行規定を進化させたものとなる予定で、ハイブリッドシステムの導入も検討されている。

 ハイパーカーのルール概要が発表された時から、マクラーレンはWECに参戦するのではないかと噂されてきた。しかし、WEC第4戦バーレーンの現場を訪れたブラウンは「現在の(LMH)ルールでは、我々は財政的に参戦は難しいだろう」と述べた。

「私は(財政的な)責任を負う立場にある。特に、F1チームは数年かけて損失を減らす必要がある」

「短期的には、損失が発生するような新しい形態のモーターレースに参加することはできない」

 マクラーレンのWEC参戦には、IMSAとの何らかのルール統合が行なわれることが重要なのかと訊かれたブラウンは「イエス」と答えた。

 ブラウンは、マクラーレンのLMHプログラムにかかる予算が1シーズン4,000万ドル(約44億円)に及ぶと試算しており、実際にマクラーレンが費やすことができるのはその半額だと明かした。

 DPi 2.0のマシンに関して、ブラウンはマクラーレンのDNAを組み込むことができるかどうかを強調した。DPi 2.0は、従来のDPiクラスと同様、LMP2マシンを基にして開発が行なわれる。

「マクラーレンと他のメーカーとの、差別化が必要だ」と、ブラウンは話した。

「私がDPi 2.0規則を読み解いた限り、スタイリングやエンジン、ギヤボックス、ハイブリッドシステムなどの一部、またはその全てに、マクラーレンのDNAを多く含むレースカーを作ることができる」

「ルールが完成し、状況を理解してから対応する。特定のシーズンに参戦しなくてはいけないというプレッシャーはないんだ」

 ブラウンは、DPi 2.0クラスのレギュレーションが明らかになってからでも、2021-2022年のWECに参戦することができる可能性はあると示唆した。LMP2車両を基にしているため、開発期間を短縮することができるからだ。

 一方で、DPi 2.0に対するマクラーレンの関心は、IMSA参戦自体に興味を持っているからではなく、WECに参戦したいという願望から生じていると強調した。

「現在、我々は北米でアロー・マクラーレンSPで、インディカーという素晴らしいプログラムを進めている。我々が本当に参戦したいのは(IMSAではなく)WECだ。世界の他の地域に触れられるからだ」

 ただ、マクラーレンがDPi 2.0のマシンを作製した場合、セミワークスまたはカスタマーチームがIMSA参戦を目指すだろうとブラウンは明かした。

Read Also:

次の記事
マコヴィッキィ、ポルシェからIMSA参戦。スーパーGTとの並行参戦は厳しいか?

前の記事

マコヴィッキィ、ポルシェからIMSA参戦。スーパーGTとの並行参戦は厳しいか?

次の記事

スーパーフォーミュラを戦ったハリソン・ニューウェイ、デイトナ24時間参戦へ

スーパーフォーミュラを戦ったハリソン・ニューウェイ、デイトナ24時間参戦へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC , IMSA
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Gary Watkins