WEC Spa

ポルシェ、963 LMDhの改良版ツインターボV8投入計画を破棄か。マシン耐久性向上により“低振動”エンジンが不要に

ポルシェは、WECとIMSAの最高峰クラスに投入されている963 LMDhに改良型ツインターボV8エンジンを搭載する計画を断念するようだ。

#6 Porsche Penske Motorsport Porsche 963: Kevin Estre, Andre Lotterer, Laurens Vanthoor

 ポルシェはファクトリーチームであるポルシェ・ペンスキー・モータースポーツと、カスタマーチームが現行963 LMDhで高い信頼性を示していることから、マシンのアップデート投入を見送るようだ。

 ポルシェの963プロジェクトマネージャーであるウルス・クラトレは、今季マシンの耐久性が向上したことで、ハイブリッドシステムの信頼性を高めるため、振動を抑えるよう設計された新バーションのツインターボV8エンジンの必要性がほとんどなくなったと説明した。

「もしかしたらキャンセルされるかもしれない」

 クラトレはmotorsport.comにそう語った。

「ル・マンに行って、振動に起因するような問題がなければ、おそらく導入は見送られるだろう」

「今年は全てのレースに参戦し、信頼性の問題はなかった。ならどうして投入する必要があるのか?」

 6月のル・マン24時間レースに向けて新エンジンを投入するという当初の計画は頓挫したが、クラトレは3月の世界耐久選手権(WEC)開幕戦の際、今季のあるポイントで改良型V8エンジンを実戦配備すると示唆していた。

 LMDh車両に標準装備されるハイブリッドシステムに信頼性の問題が生じたため、ポルシェは昨年、新バーションの4.6リッターV8エンジンの開発に着手した。

Photo by: JEP / Motorsport Images

 963には、プラグインハイブリッドの市販車である918の自然吸気4.6リッターV8をベースとしたエンジンが搭載されている。ただ、180度クランクシャフト(フラットプレーン・クランクシャフト)の振動がマシン信頼性の低さにつながっているとポルシェは考え、90度クランクの新型エンジンの開発に着手することとなった。

 しかしハイブリッドシステム、特にボッシュ・モータースポーツが供給するモーター・ジェネレーター・ユニット(MGU)に昨シーズン終盤から改良が加えられ、963はより信頼性を増した。

 PPMは1月に行なわれたIMSAスポーツカー選手権の開幕戦デイトナ24時間レースで優勝を飾り、その際もハイブリッドシステムには何の問題も発生しなかった。

 ポルシェがル・マンで新エンジンを搭載する計画を推し進めなかったのは、先月のWECイモラ戦までに投入する必要があったため。

 WECの主催者であるFIAとACO(フランス西部自動車クラブ)は、ル・マンの前の2レースで、ポルシェの新エンジンがバランス・オブ・パフォーマンス(BoP/性能調整)に与える影響を評価したいと考えたのだ。

 加えて、LMDh規則では単独のホモロゲーションしか認められておらず、WECに参戦する5台、IMSAに参戦する4台の963に同時に導入する必要がある。

 そうなると、ポルシェとしてもル・マンを前にエンジンを検証するために必要な耐久テストを実施する時間が無いこととなる。

 クラトレは、ロジスティクス上の問題も、新エンジンの投入が見送られた理由だと説明した。

「投入前に耐久テストを行なう必要があり、それは多額の費用がかかる」とクラトレは言う。

「両シリーズで同時に全マシンへ投入し、スペアエンジンを全て生産するとなると大変な労力だ」

 なお新エンジンはテストベンチにかけられたものの、実車に搭載した状態で走行は行なっていないとクラトレは認めた。

 

前の記事 アストンマーティン、来季WECハイパーカークラスにヴァルキリー2台体制で参戦可能と明言「それが条件でも適応する」
次の記事 チームメイトとして君が必要だ! フェルスタッペンが角田裕毅をル・マンに熱烈お誘い「体重が軽い方が有利だからね!」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本