F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

レベリオン、燃料制限撤廃も”恩恵なし”。ターボエンジン有利な変更に不満

シェア
コメント
レベリオン、燃料制限撤廃も”恩恵なし”。ターボエンジン有利な変更に不満
執筆:
2019/05/03 10:07

レベリオンのグスタヴォ・メネゼスは、WECスパで変更されたEoTに対して不満を持っているようだ。

 レベリオン3号車に乗るグスタヴォ・メネゼスは、世界耐久選手権(WEC)第7戦スパ6時間レースを前に変更されたEoT(技術均衡値)の恩恵はないに等しいと述べた。

 WECのオーガナイザーは、スパでのレースを前にEoTを変更。LMP1クラスのノンハイブリッド車両の、1周あたりに使用できるエネルギー量(燃料量)に関する制限が撤廃された。一方で、1スティントあたりの燃料使用量(つまり燃料搭載量の最大値)や燃料流量についての制限は変更されていない。

 こうした変更により、ストレートエンドでリフト・アンド・コースト(早めにアクセルをオフし滑走することで燃料を節約)をする必要が減り、ノンハイブリッド車両にとってはメリットとなると思われる。

 しかしメネゼスによれば、レベリオンに加えて今回からギブソンのV8エンジンを使っているバイコレスといった自然吸気エンジン車両には恩恵がなく、ターボエンジンを使用するSMPレーシングだけがメリットを享受しているという。

 またメネゼスは、自然吸気エンジン車の最低重量が818kgから824kgに引き上げられたことにも不満を持っている。

「レベリオンのチーム全体について正直に言えば、今のEoTにはいくつかの理由から非常に不満だ」と、メネゼスはmotorsport.comに語った。

「僕たちは、(燃料制限の撤廃から)何の恩恵も受けていない。僕たちはすでにパワーの面で制限を受けているんだ。そして車両重量に関しては、本当に不要だと感じるペナルティだ。僕たちはそれに満足していない」

 EoTの変更により、リフト・アンド・コーストをする必要性がなくなったかと訊かれると、彼は「直近のレースですでに、僕たちはそれをする必要がなかった」と答えた。

「ラップごとの燃料使用量じゃなくて、全体的な燃料使用量次第だったんだ」

「ターボエンジンの車両にとっては、多くの助けになる。僕たちはすでにパワーで負けているので、得るモノはあまりない。今回のような変更は、ターボエンジンに有利に働くんだ」

 メネゼスの主張を裏付けるように、SMPレーシングは2度のフリー走行で好調を維持している。FP1ではSMPレーシングの17号車がトップタイムをマーク。ウエットコンディションとなったFP2では、17号車がコースオフを喫しノータイムだったものの、11号車がトヨタ勢に次ぐ3番手につけている。

レベリオン、新開発のローダウンフォース仕様パッケージ投入

 昨年のスパやル・マン24時間レースでは、ハイダウンフォース仕様の空力パッケージを使用していたレベリオンだが、今回は新しく開発したローダウンフォース仕様のパッケージを持ち込んでいる。

 ドライコンディションだったFP1では新しいパッケージをレベリオン3号車がテストしたが、FP2では雨が降ったこともあり、ハイダウンフォース仕様のパッケージに戻している。

 理論的にはハイダウンフォース仕様のパッケージの方が今回のレースでは速いものの、ル・マンに向けた準備のため、ローダウンフォース仕様パッケージを使うのか、最終決定はまだ下されていないとメネゼスは述べた。

「最初のフリー走行では、我々はペースに苦労していた。それがなぜなのか、まだ分析をしている」

「雨のセッションはポジティブだった。ハイダウンフォースのパッケージで走ったが、トラフィックが多かった。もし僕たちがクリアラップを走れていたら、3番手のSMPと戦えていたはずだ」

「僕はそこを心配してはいない。僕たちが取り組む必要があるのは、ドライでのペースの方だ。ご存知の通り、スパはどんなコンディションになるか分からない。あらゆる準備をしておかなくちゃいけない」

「FP3では両方のエアロキットをテストし、どうするべきか決めなくてはいけない。ル・マンに向けて良い準備になるので、ローダウンフォースで走りたいが最適な選択ではない。ハイダウンフォースなら、セクター2でかなりのタイムを稼げるからだ」

 今回トヨタは昨年のル・マン以来となるローダウンフォース仕様のエアロパッケージを搭載。一方、SMPレーシングはハイダウンフォース仕様のパッケージを使って走行している。

ローダウンフォース仕様のレベリオン3号車

ローダウンフォース仕様のレベリオン3号車

Photo by: Paul Foster

次の記事
WECスパ:ドライのFP1はSMPの17号車、スパウェザーのFP2はトヨタ8号車首位

前の記事

WECスパ:ドライのFP1はSMPの17号車、スパウェザーのFP2はトヨタ8号車首位

次の記事

WECスパ:気まぐれ”スパウェザー”の予選、トヨタ7号車がポールポジション

WECスパ:気まぐれ”スパウェザー”の予選、トヨタ7号車がポールポジション
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント 第7戦スパ6時間
ドライバー グスタボ メネゼス
チーム Rebellion Racing
執筆者 Jamie Klein