セブリング戦の性能調整発表。LMP1プライベーターの燃料使用量を削減

シェア
コメント
セブリング戦の性能調整発表。LMP1プライベーターの燃料使用量を削減
執筆:
2019/03/07 8:57

3月15日に決勝が行われるセブリング1000マイルに先立ち、WECは技術均衡値(EoT)の改定を発表した。

 3月15日(日本時間16日)に決勝レースがスタートするFIA世界耐久選手権(WEC)第6戦セブリング1000マイルレースに先立ち、LMP1クラスのマシンの技術均衡値(EoT)の改訂が発表された。

 今回、主に変更されたのは1周あたりに使用できるエネルギー量。トヨタTS050ハイブリッドに関しては変更はないが、プライベーターのマシンは1周あたりに使用できるエネルギー量、つまり1周あたりに使える燃料が減ることになった。

 自然吸気エンジンを使うプライベーターは2%強、ターボエンジンを使うチームは3%強、この数値が下方調整されている。

 なお、バイコレスはこれまでニッサン/ニスモ製3.0リッターV6ツインターボエンジンエンジン”VRX30A evo”を搭載していたが、セブリングは欠場し残りの2戦をギブソン製4.5リットル自然吸気V8エンジン”GL458”にスイッチして戦う見込みだ。

 そのためLMP1クラスでターボエンジンを使用しているプライベーターは、AER製V6ツインターボエンジンを採用しているSMPレーシングのみとなっている。

 ハイブリッドシステムを搭載するトヨタと、搭載していないプライベーター勢の競争力を近づけるために導入されているEoTだが、今回の変更でプライベーターたちが1周で使えるエネルギー量が減ったからといって、トヨタが有利になったとは言い切れないだろう。なぜなら、最大燃料流量と1スティントあたりに使用できる燃料量が変更されていないからだ。

 今回のEoTの変更は、前戦上海とセブリングのコース特性の違いを考慮したものだ。これまでは、プライベーターたちがリフト&コーストし燃料をセーブしないで済むように、燃料使用量が引き上げられていた。

 EoTはもともと、これまで開発に資金を投じてきたトヨタが、プライベーターたちに対して0.25%のアドバンテージを持つことを確約するものだった。しかしトヨタは昨年10月に、今年6月の最終戦ル・マン24時間レースを唯一の例外として、このアドバンテージを取り除く性能調整を受け入れることに同意している。

次の記事
ハートレー、セブリングでキャデラックをドライブ。WECとIMSAダブル参戦へ

前の記事

ハートレー、セブリングでキャデラックをドライブ。WECとIMSAダブル参戦へ

次の記事

WEC、ハイパーカー規定を拡張。”市販車ベース”のスーパーカーが参戦へ?

WEC、ハイパーカー規定を拡張。”市販車ベース”のスーパーカーが参戦へ?
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 第6戦セブリング1000マイル
執筆者 Gary Watkins
Be first to get
breaking news