F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
50 days

WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

シェア
コメント
WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位
執筆:
2019/11/09 4:08

WEC上海のフリー走行3回目が行われ、トヨタTS050 HYBRIDの7号車がトップタイムをマークした。

 FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦上海4時間レースのフリー走行3回目は、トヨタ7号車の小林可夢偉が1分47秒184を記録し、首位となった。

 1周あたり2.74秒もの重いハンディキャップを背負うトヨタ勢はFP1、FP2ともにトップを逃していた。しかし、FP3では60分のセッション開始時にトヨタ7号車が予選シミュレーションを実施。小林のドライブで、最速タイムをマークした。

 2番手はチームLNTのジネッタ5号車。トヨタ7号車とは1.009秒差だった。ジネッタの6号車も3番手に続き、レベリオン・レーシングの1号車を上回った。

 トヨタの8号車はレースに向けた作業を進めていたのか、ブレンドン・ハートレーが記録したタイムで僚友7号車から3.293秒遅れの総合10番手。LMP2クラスのマシンにも先行を許した。

 LMP2クラスは、前戦富士でクラス優勝を果たしたレーシング・チーム・ネダーランド29号車が首位。ニック・デ・フリーズが最速タイムをマークした。山下健太が所属するハイクラス・レーシング33号車はクラス8番手だった。

 LM-GTE Proクラスは、ポルシェ92号車がフェラーリ51号車に0.825秒差をつけて首位。LM-GTE AmクラスはFP2に続き、チーム・プロジェクト1の56号車ポルシェがトップ。石川資章とケイ・コッツォリーノが乗るMRレーシングのフェラーリ70号車はクラス12番手だった。

Read Also:

WEC上海 FP3タイム結果

次の記事
WEC上海FP2:ジネッタ6号車がセッション初トップ。トヨタ8号車が僅差で続く

前の記事

WEC上海FP2:ジネッタ6号車がセッション初トップ。トヨタ8号車が僅差で続く

次の記事

ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」

ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント Shanghai
ドライバー 小林 可夢偉
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Jamie Klein