SMPレーシング、ダラーラ製の新LMP1マシン『BR1』を発表

SMPレーシングはWEC最終戦が行われているバーレーンで、来季使用するダラーラ製マシン『BR1』を発表した。

SMPレーシング、ダラーラ製の新LMP1マシン『BR1』を発表
Dallara BR1 LMP1
Dallara BR1 LMP1
Dallara BR1 LMP1
Dallara BR1 LMP1
BR1 LMP1 spy shots
BR1 LMP1 spy shots
BR1 LMP1 2018 windtunnel model teaser image

 世界耐久選手権(WEC)の2017年シーズン最終戦が行われているバーレーンのパドックで、SMPレーシングが来季のWECを戦うマシン『BR1』を発表した。

 発表の場には、SMPレーシングの代表を務めるボリス・ローテンベルクや、ドライバーのヴィタリー・ペトロフ、ミカエル・アレシンの姿もあった。

 BR1は、ロシアを拠点とするBRエンジニアリング(こちらのオーナーもローテンベルク)とダラーラが連携して開発。AER製のエンジンを搭載し、2台のマシンが2018/19年のWEC”スーパーシーズン”に参戦する。実際にマシンを走らせる上では、FIA F2やGP3でもマシンを走らせているARTグランプリも関与するようだ。

 SMPレーシングによれば、BR1はすでにアラゴンでテストを行っており、1000km以上を走破しているという。

 ローテンベルクは、発表に参加したペトロフとアレシンの起用が決まっているわけではなく、5人のテストドライバーのうちの2人という扱いのようだ。この5人の中には、ルノーF1チームのテストドライバーであるセルゲイ・シロトキンもふくまれている。とはいえ、ローテンベルクは2台のマシンのドライバーラインアップがオールロシア体制で組まれる可能性が高いと付け加えている。

 また、LMP2クラスからステップアップし、LMP1クラスに参戦することを発表していたドラゴンスピードが、3台目のBR1で参戦することも併せて発表された。ドラゴンスピードは先月、LMP1へのステップアップを発表していたが、使用するマシンについてはこれまで発表されていなかった。ドラゴンスピードのマシンには、AER製ではなくギブソン製のエンジンが搭載されるという。

【関連ニュース】

シェア
コメント
WECバーレーン予選:ジャニ圧巻の走り。1号車ポルシェがポール獲得

前の記事

WECバーレーン予選:ジャニ圧巻の走り。1号車ポルシェがポール獲得

次の記事

アロンソ、バーレーンのWECに参上。日曜日にはトヨタTS050をテストへ

アロンソ、バーレーンのWECに参上。日曜日にはトヨタTS050をテストへ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
ドライバー ミカエル アレシン , ヴィタリー ペトロフ
チーム ドラゴンスピード , SMP Racing
執筆者 Jamie Klein