トップイベント

可夢偉と一貴も参加したGR010再テスト、トヨタはWEC開幕に向け「軌道に乗った」

WEC(世界耐久選手権)に参戦するトヨタは、スペインで実施したテストを通じて、2021年シーズンに向けた準備が軌道に乗ったと考えている。

可夢偉と一貴も参加したGR010再テスト、トヨタはWEC開幕に向け「軌道に乗った」

 WEC(世界耐久選手権)に参戦するToyota Gazoo Racingは2021年シーズン、新規定のLMH(ルマン・ハイパーカー)車両での戦いに向け、ニューマシンGR010 HYBRIDを投入する。

 彼らは2月2〜4日にかけて、GR010のテストをスペイン・アラゴンで実施。1月のテストが雪で中止となっていたこともあり、走行距離を稼ぐ貴重な機会となった。

Read Also:

 トヨタは昨年10月にポール・リカール・サーキットでGR010のシェイクダウンを実施。昨年12月にはアルガルヴェ・サーキットでもテストを行なっていたが、この2回に関しては小林可夢偉と中嶋一貴は日本のスーパーフォーミュラの日程と重複があったため不参加となっており、彼らにとってはGR010での初走行となった。

 アラゴンでのテストではGR010での初の夜間走行も実施。テクニカルディレクターのパスカル・バセロンはこのアラゴンテストがポジティブなもので、新マシンの理解を進めることができたと語った。

「先月のアラゴンでのテストよりもとてもポジティブなものだったし、我々としても中日に行なわれた夜間走行もあり十分なテストマイレージを稼ぐことに成功したと言える」

 バセロンはそう語る。

「シーズン開始前に目標としていた走行距離を達成し、我々は再び軌道に乗った。これは良いニュースだ」

「新マシンの全ての詳細を理解するプロセスや、セットアップの微調整はまだ初期段階だ。完全に新しいマシンだから、チームの皆にとっては大変な時期にある」

「カムイとカズキは初めてGR010HYBRIDをドライブするために忍耐強くある必要があった。しかし最終的にこうした機会を持つことができた。彼らの言葉を聞くことができたのは我々にとっても有用なことだった」

 

Read Also:

シェア
コメント
プジョー、2022年WECに参戦する7人のドライバーを明らかに。マグヌッセンらが加入

前の記事

プジョー、2022年WECに参戦する7人のドライバーを明らかに。マグヌッセンらが加入

次の記事

プジョーWEC加入のマグヌッセン、ハースF1代役には「あまり興味ない」

プジョーWEC加入のマグヌッセン、ハースF1代役には「あまり興味ない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Gary Watkins