WEC WEC Sebring Prologue

冷えたタイヤもお手の物! WEC、タイヤウォーマー廃止もトヨタの小林可夢偉&平川亮は「スーパーGTやSFで経験済み」

WECは今年からタイヤウォーマーを廃止することとなったものの、日本のスーパーGTやスーパーフォーミュラで冷えた状態のタイヤでの走行経験を積んだToyota Gazoo Racingの小林可夢偉と平川亮にとっては大きな問題とはならないようだ。

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota GR010 - Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez

 世界耐久選手権(WEC)2023年シーズンにおけるレギュレーション変更のひとつが、タイヤウォーマーの廃止だ。今季からWECのドライバーはこれまでより冷えた状態のタイヤでコース上に出ることとなったものの、Toyota Gazoo Racingからハイパーカークラスへ出場する小林可夢偉と平川亮のふたりは、その扱いにおいてスーパーフォーミュラとスーパーGTなどでの経験が活きると考えている。

 これまでWECでは、F1でも使用されているブランケットやラックなどのウォーマーを用いてマシン装着前のタイヤを温め、作動温度領域まで近づけてきた。しかしシリーズを主催するFIAとACOは、2023年シーズンからこれを禁止。ハイパーカークラスとGTEクラスへタイヤを供給するミシュランは、ウォーマーを使わずとも温まりやすい仕様へとタイヤコンパウンドを調整してきたようだ。

「まず、去年までのタイヤウォーマー付きのモノと全く同じタイヤを、ウォーマー無しで走らせている訳ではありません。詳しくはミシュランにしか分かりませんが、恐らくIMSAなどで使っているようなタイヤ、ル・マンも走れるモノでやっているんじゃないかと思います」

 開幕前のプロローグテストを終えて、小林はそう語った。

「温まりも良くて、保ちも良い……それでいてル・マンも走れるというタイヤを用意したのではないかと思いますが、冬のテストでは正直ウォームアップに苦戦しました。特にこのマシン自体、グリップが極限に少ない状態で走るような仕様は想定していなかったので、そういった意味では少々調整が必要でした」

「セブリングに来て気温も高くなると、想像よりも悪くないという印象です。ただ、ピットアウトした瞬間は結構危険ですし、朝一などグッと気温が下がると滑りやすいので、そこはかなりシビアかなと思っています」

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota GR010 - Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota GR010 - Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez

Photo by: Toyota Racing

 小林はそう語る一方で、タイヤが冷え、路面温度が低い状態での走行には慣れているという。

「僕らはスーパーフォーミュラやスーパーGTなどで、いわゆるウォーマーのないコールドタイヤで結構走っているので、極限に滑るという状況でをかなり経験を積んでいます。なのであまり『やばいな……』と感じることはありませんが、あまりそういった状況を経験していないドライバーはみんな『結構やばい』と言っている感じではあります」

「例えばピレリとかのGT3タイヤなどは温まりやすいけどデグラデーション(性能劣化)があるという設定で作る一方で、耐久用タイヤではデグラデーションを少なくしたいという思いがあるので、そこが難しいところです」

「厳しいと言っている人にとっては、厳しいんじゃないかと思います。実際、(プロローグでは)フェラーリの51号車はコールドタイヤでクラッシュして、2日目を走れていないので、そういったことも起こるのかもしれないと思っています」

 そして2017年のスーパーGT GT500クラス王者であり、2022年もWECと平行してスーパーフォーミュラにも参戦する平川も、小林同様にコールドタイヤでの経験値が今年のWECに活きると考えている。

「正直、冬のテストからタイヤウォーマー無しでの走行をやり始めましたが、そのときはかなり厳しかったですし、路面温度が数度台というところでは、かなりウォームアップがキツかったです」

 そう平川は明かす。

「ただそういう状況でも、スーパーGTで僕が経験したすごくウォームアップが悪いタイヤよりは、まだ温まってくれました。そこは自分としてもアドバンテージではあると思います」

「もちろん、早く温めたらそこでタイムを稼ぐことはできますが、タイヤを痛めてしまう可能性もありますので、そこはまだ手探りの部分でもあります」

 開幕戦セブリング1000マイルは、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の第2戦との併催。そのためWECは、3月15日(水)に最初のフリー走行が開始。決勝レースは3月18日(土)に行なわれる。

 
関連ニュース:

前の記事 ライバル勢に”興味ナシ”。WECトヨタの小林可夢偉、ハイパーカー競争激化も我関せず……ただし「フェラーリは速いかも?」
次の記事 WEC開幕戦のライバルはフェラーリとキャデラック? リザーブ就任の中嶋一貴、LMDh参戦の新シーズン勢力図を予想

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本