トップイベント

山下健太、2021年は国内カテゴリーに専念へ。トヨタのWECチームディレクターが認める

トヨタは山下健太が2021年のWEC(世界耐久選手権)のプログラムに加わらないことを明らかにした。

山下健太、2021年は国内カテゴリーに専念へ。トヨタのWECチームディレクターが認める

 2019-2020シーズンはTGR WECチャレンジドライバーとして、FIA世界耐久選手権(WEC)のLMP2クラスに参戦した山下健太。しかし彼は2021年は国内カテゴリーに専念することになるようだ。

 山下は2019年にスーパーGTのGT500クラスでチャンピオンを獲得。同年秋からスタートしたWECの2019-2020シーズンでは、ハイクラス・レーシングからLMP2クラスに参戦し、その傍らでトヨタWECチームのテスト・開発業務も担当した。

Read Also:

 2020年はスーパーフォーミュラには継続参戦しながらも、スーパーGTはフル参戦せず、本格的に海外を拠点に活動する予定となっていた山下だったが、コロナ禍に見舞われたことで帰国。厳しい渡航制限の中で日本と海外となんとか行き来するシーズンとなった。

 新型コロナウイルスのパンデミックは未だ続いている状況だが、山下はこの影響で2021年のWECプログラムには加わらないようだ。その一方で、2019年のFIA F2王者であるニック・デ・フリーズは2021年もトヨタのテスト兼リザーブドライバーを務める。

 トヨタのWECチームでチームディレクターを務めるロブ・ルーペンは、山下についてmotorsport.comに次のように語った。

「残念だが、ケンタは(今季)LMP2でレースをしないし、我々のプログラムにも参加しない。その主な理由はパンデミックだ」

「ケンタがヨーロッパと日本を行き来することの難しさを我々は既に目の当たりにしてきた。彼は日本の他のレースシリーズにも関わっているので、それはとても難しいのだ」

「彼はマシンに乗って経験を積む必要があり、それは(WECで)長い間走っているカズキ(中嶋一貴)やカムイ(小林可夢偉)とは異なる」

「とても残念なことだ。ケンタは非常に才能あるドライバーだが、彼は日本に残ることとなるので、誰をプログラムに加えるべきか考えているところだ。しかしパンデミックの影響で、それについて何かを発表できるまでには時間がかかるだろう」

 これにより、山下は日本に残ってスーパーGTとスーパーフォーミュラに専念することが濃厚となった。スーパーGTで山下がどのチームに所属するのかは現在様々な憶測が飛び交っている状況だが、スーパーフォーミュラに関してはKONDO RACINGに残留する可能性が高いと見られている。

 なお、WECの最高峰クラスにレギュラー参戦する中嶋と小林がスーパーフォーミュラに継続参戦できるかどうかはまだ明らかになっていない。

 

Read Also:

シェア
コメント
さらなる高みへ挑戦。トヨタ、WECを戦うハイパーカー『GR010 HYBRID』を正式発表

前の記事

さらなる高みへ挑戦。トヨタ、WECを戦うハイパーカー『GR010 HYBRID』を正式発表

次の記事

「走行距離が足りない!」GR010のテストは雪で中止。一貴&可夢偉も初走行できず

「走行距離が足りない!」GR010のテストは雪で中止。一貴&可夢偉も初走行できず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT , WEC
ドライバー 山下 健太
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Jamie Klein