WEC上海予選:小林可夢偉が最速ラップ! 7号車トヨタPP獲得

7号車トヨタTS050 Hybridが、WEC上海6時間レースのポールポジションを獲得した。

 WEC上海6時間レースの予選が行われ、7号車トヨタTS050 Hybrid(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)が1号車ポルシェ919 Hybridを退けてポールポジションを獲得した。

 最初の走行を担当したコンウェイは、ニック・タンディとブレンドン・ハートレーがドライブした2台のポルシェ919 Hybridの後塵を拝していた。しかし、コンウェイから小林可夢偉は、1分42秒526のセッションベストタイムを記録した。

 これで7号車トヨタは、コンウェイと小林の平均タイムを1分42秒832とし、1号車ポルシェのタンディとアンドレ・ロッテラーの平均タイム1分43秒272を大きく上回った。

 これにより7号車トヨタはがポールポジション獲得を決めた。

 予選後小林は、次のように語った。

「そのラップは、実際には完璧ではありませんでした。予選まで、新品タイヤを履いたことがなかったんです。合わせ込むのはとても難しかったです」

 一方のコンウェイも、次のように付け加えた。

「それまでのセッションでは、僕らはずっとトップだった。だからすごく良いクルマが僕らにはあります。僕は0.1秒を取り残してしまったように感じていた。だから、可夢偉がそれを引き出し、速く走ることを期待していた」

 8号車トヨタはセバスチャン・ブエミとアンソニー・デビッドソンがアタックラップを担当し、平均タイム1分43秒454で3位となった。

 ハートレーとアール・バンバーがアタックを担当した2号車ポルシェは4番手。バンバーがアタックラップでスピンしたため、わずか0.052秒8号車トヨタに及ばなかった。

LMP2クラスは、ブルーノ・セナとジュリアン・カナルがドライブした31号車レベリオン・レーシングがポールポジションを獲得している。LM-GTE Proクラスは、95号車アストンマーチン・レーシングが、LM-GTE Amクラスも、98号車アストンマーチンがポールポジションとなった。

→WEC上海6時間レース予選結果(LMP)

→WEC上海6時間レース予選結果(LM-GTE)

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 上海6時間
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー 小林 可夢偉
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 予選レポート