WEC富士で大活躍したGドライブのスティーブンスが、WEC上海にも続けて参戦か

Gドライブの代替ドライバーであるスティーブンスは、ラストがWEC上海を欠場するため続投する予定だ。

 2015年F1をマノー・マルシャでドライブしていたウィル・スティーブンスは、WEC富士で尽力した結果、Gドライブに今季初のLMP2クラス優勝をもたらした。今回ルネ・ラストの代替ドライバーとして活躍した彼は、次戦のWEC上海も続けて参戦する予定だ。

 ラストは2016年からGドライブのベンチマークとして参戦しており、10月16日日曜日はマティアス・エクストロームがWRXに参戦するためにDTMを欠場した為、そのシートの穴埋めとしてWEC富士を欠場した。

 またラストは、彼の妻がWEC上海の週に出産を迎えるという理由で続けて欠場する。彼は11月中旬のWECバーレーンよりGドライブに戻る。

 スティーブンスは、再びGドライブのオレカ05・ニッサンでアレックス・ブランドル、ロマン・ルシノフと共に参戦する予定だ。公式発表は今週される。

 今季スティーブンスは、Gドライブに参加する前に開幕戦シルバーストンやスパをマナーのマシンでドライブしていた。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 上海
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー Will Stevens
チーム G-Drive Racing
記事タイプ 速報ニュース