WEC富士前半:8号車トヨタ、ピット戦略が功を奏し首位へ。2号車ポルシェは4番手

シェア
コメント
WEC富士前半:8号車トヨタ、ピット戦略が功を奏し首位へ。2号車ポルシェは4番手
執筆: 中村理紗
2017/10/15 5:30

WEC富士決勝がスタートから3時間経過時点で、8号車トヨタTS050HYBRIDが首位につけた。

 WEC(世界耐久選手権)第7戦富士6時間レースがスタートしてから3時間経過した。8号車トヨタTS050HYBRIDの中嶋一貴がトップを走行している。

 2日前から断続的な降雨と霧に包まれる富士スピードウェイ。決勝1時間前も悪天候となり、WEC富士決勝スタート時にセーフティカーが先導することが決定した。

 11時にレースは予定通りスタート。5周終わりまでポールシッターの2号車ポルシェを先頭にセーフティカーが隊列を先導した。

 ストレートエンドまでイエローコーションが掲示されたため、"レーススタート"6周目の1コーナーからだった。

 LMP1クラスの4台はポルシェ同士が接触しかけるも、無事にクリア。他のクラスもLMP2クラスのレベリオンがスピンしただけで何事もなくスタートを切った。

 6周目のターン89にかけて、8号車トヨタTS050HYBRID2番手の1号車ポルシェ919HYBRIDを交わした。2台は接近したまま第3セクターに侵入。ターン14でセバスチャン・ブエミの8号車トヨタとアンドレ・ロッテラーの1号車ポルシェが接触し、ロッテラーのフロントカナードがコース外に飛び散った。

 ロッテラーはそのまま7号車トヨタにも交わされ、4番手まで順位を落とした。

 8号車トヨタはしばらくトップの2号車ポルシェに食らいついていたが、徐々に離されていった。

 スタートから30分後に霧が濃くなり降雨量が増え始めた。その10分後に安全を確保するため、ターン13間にイエローゾーンが設置された。

 その頃、1号車ポルシェのペースが上がり、3番手の7号車トヨタを捉えていた。2台は何度も順位を入れ替え、結局1号車ポルシェが3番手を取り戻した。

 セッションがスタートしてから1時間が経過したところで、セーフティカーが出動。これによりトップの2号車ポルシェが築いていたタイム差が消滅。さらに2号車ポルシェ以外のLMP1クラスがピットインし、ルーティンサービスを行なった。なお、1号車ポルシェは接触によって破損したフロントカウルを交換した。

 セッションスタートから1時間10分後にレースが再スタート。再スタートから1周目はセーフティカーが隊列を先導した。

 その周の終わりにトップの2号車ポルシェがピットイン。これにより8号車トヨタが首位となった。2秒遅れて7号車トヨタ、3−4番手となったポルシェにトップの8号車トヨタは25秒差以上をつけた。

 スタートから1時間20分、コースは濃い霧に包まれ、視界が極端に低下。主催者はレースの一時中断を決定し、赤旗が提示された。赤旗中断は30分間に及んだ。

 レースが再開されてからも天候は再び悪化していく中、トヨタの2台は開けたトラックを走ることができたが、対するポルシェはトラフィックに悩まされ、ペースを上げることができなかった。

 2時間20分が経過したところで、トップの8号車トヨタは4番手の2号車ポルシェを交わし、2号車ポルシェは周回遅れとなった。

 その直後にセーフティカーが本日3度目の出動を行なった。セッションスタートから2時間30分に7号車トヨタがピットイン。給油を行なった後、ステアリングの交換を行なった。ワイパーが作動しなくなるトラブルに見舞われ、操作パドルの付いたステアリングを交換したのだ。その作業のために1分半ほど長く足止めを食らった。その間に1号車ポルシェがピットインし、タイヤ交換とドライバー交代を行なった。

 その2周後に2号車ポルシェがピットイン。ブレンドン・ハートレーにドライバー交代した。

 2時間45分が経過しようかというところで、セーティカーがコースから離れ、レースは再スタートを切った。

 セーフティカー中に唯一ピットインを行わなかった8号車トヨタの中嶋は、再び開けたトラックを走行することができた。2番手となった1号車ポルシェに30秒差、さらに一周遅れとなった4番手の2号車ポルシェとの差を着々と築いていった。

 レース戦略で大差をつける8号車トヨタ。霧と雨にレース展開を翻弄された2号車ポルシェ。残りの3時間のレース展開にも注目だ。

【関連ニュース】

次の WEC ニュース
WEC富士:ポルシェ「トヨタの前にいる限りチームオーダーは行わない」

前の記事

WEC富士:ポルシェ「トヨタの前にいる限りチームオーダーは行わない」

次の記事

悪天候のWEC富士を再び制した中嶋「勝ちに値するレースだった」

悪天候のWEC富士を再び制した中嶋「勝ちに値するレースだった」
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 富士6時間
ロケーション 富士スピードウェイ
執筆者 中村理紗
記事タイプ 速報ニュース