WEC富士:生憎の雨となったFP1。ポルシェの2台がトップ独占

WEC富士6時間レースのフリー走行1回目が行われ、1号車ポルシェ919HYBRIDがトップタイムを記録した。

WEC富士:生憎の雨となったFP1。ポルシェの2台がトップ独占

 FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦富士6時間レースが開幕。あいにくの雨となった初日の13日(金曜日)、午前11時より1時間半に渡ってフリー走行1回目が行われ、1号車ポルシェ919HYBRIDがトップタイムを記録した。

 セッションが始まるとまず7号車トヨタTS050HYBRIDの小林可夢偉が136881をマーク。それに姉妹車の8号車トヨタのセバスチャン・ブエミが137893で続き、トヨタ勢が序盤をリードした。

 セットアップを終えたポルシェが走行を開始したのはその5分後。1号車ポルシェ919HYBRIDのニック・タンディとその姉妹車の2号車ポルシェのアール・バンバーが共にトヨタのタイムを上回り、タンディが136270、バンバーはさらにタイムを縮めて135660を記録、トップに踊りでた。

 セッション開始から30分後、7号車トヨタのホセ・マリア・ロペスが136010を記録してトヨタのトップタイムとなったが、全体では3番手に甘んじた。その後しばらくはタイム更新がなかったが、セッション終盤になると1号車ポルシェのアンドレア・ロッテラーが135527を記録して、久々のタイム更新となった。

 LMP2クラスは37号車ジャッキー・チェンDCがトップタイム。2番手は28号車TDSレーシングが続いた。なお LM-GTE Proクラスは92号車ポルシェGTチーム、Amクラスは54号車スピリット・オブ・レースがそれぞれクラス首位となった。

 フリー走行2回目はこの後1530分より行われる。

【関連ニュース】

シェア
コメント
ポルシェ「HV技術開発に終わりはない。フォーミュラEでも継続する」

前の記事

ポルシェ「HV技術開発に終わりはない。フォーミュラEでも継続する」

次の記事

WEC富士:FP2はLMP2車のクラッシュで1時間赤旗中断。7号車トヨタが首位

WEC富士:FP2はLMP2車のクラッシュで1時間赤旗中断。7号車トヨタが首位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC