F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

【WEC】ついに最終戦。タイトル決定条件は? トヨタ・ポルシェは”いつもの”レースを強調

LMP1-Hクラスのタイトル争いはポルシェの2号車を、17ポイント差でトヨタの6号車が追いかけている。

【WEC】ついに最終戦。タイトル決定条件は? トヨタ・ポルシェは”いつもの”レースを強調
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Romain Dumas, Neel Jani, Marc Lieb
Toshio Sato, TMG President, Anthony Davidson, Toyota Racing
Fritz Enzinger, Vice President LMP1, Porsche Team
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Romain Dumas, Neel Jani, Marc Lieb
#6 Toyota Racing Toyota TS050 Hybrid: Stéphane Sarrazin, Mike Conway, Kamui Kobayashi
#6 Toyota Racing Toyota TS050 Hybrid: Stéphane Sarrazin, Mike Conway, Kamui Kobayashi
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Romain Dumas, Neel Jani, Marc Lieb
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Romain Dumas, Neel Jani, Marc Lieb
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Romain Dumas, Neel Jani, Marc Lieb
#6 Toyota Racing Toyota TS050 Hybrid: Stéphane Sarrazin, Mike Conway, Kamui Kobayashi

 WECのLMP1-Hクラスのタイトル争いは、最終戦の地であるバーレーンまで決着が持ち越された。現在、2号車ポルシェ919ハイブリッドが、6号車トヨタTS050ハイブリッドに対して17ポイントをリード。タイトル獲得の可能性はこの2台に絞られている。

 根本的には、今シーズンこれまでで152ポイントを獲得している2号車のニール・ジャニ、ロマン・デュマ、マルク・リーブはチャンピオンを獲得するために5位でフィニッシュすればよい。トヨタ6号車の結果にかかわらず、自力でタイトルを獲得することができる。

 つまり、もしマシンにトラブルが起きなければ、療友であるポルシェの1号車がサポート的な役割を果たすことで、ほぼ確実に5位に入ることができる。

 しかしながら、もし2号車が6位に終わり6号車が優勝した場合、両車は同ポイントで並ぶ。そうなった場合、今シーズンこれまでに2号車が2勝、6号車が1勝を挙げているため、勝利数では差がつかなくなるが、2位の獲得回数でトヨタ6号車に軍配があがる。

 もし6号車が勝利できなかった場合、2号車が勝利数で上回るため、ポルシェのクルーはわずかなポイントを稼ぐだけでよくなる。

 下表が、ポルシェのチャンピオン獲得に関するより詳しい条件である。

もし #6 トヨタ の成績がこうなら... ...#2 ポルシェのタイトル決定条件は

ポールポジション獲得&優勝 (161ポイント)

5位以上 (162)

優勝 (160ポイント)

5位以上 (162)

もしくはポールポジション獲得 & 6位以上 (161)

ポールポジション獲得&2位 (154) 9位以上 (154)
2位 (153)

10位以上 (153)

もしくはポールポジション獲得 & 11位以下 (153.5)

    ポールポジション獲得 & リタイア  (153)

 ポールポジションを6号車が獲得したとしても、決勝で3位以下になった場合、チャンピオン獲得は不可能だ。

 タイトル獲得のチャンスについて語ったポルシェとトヨタ、両陣営は今週末のバーレーンのレースを他のレースと同じように扱いたいと協調した。

「シンプルだが、それは問題だと私は思う」とポルシェLMP1担当副社長のフリッツ・エンツィンガーはmotorsport.comに語った。

「もしトヨタがポールポジションを獲得し、優勝したとしても5位に入れば十分だ」

「通常、それはシンプルだが、見てみよう! 最終戦だがいつもと同じ手順を踏むだろう。ドライバーたちがリラックスし、残りのレースをやってくれることを願っている。それだけだ」

 一方、トヨタ・モータースポーツ社長の佐藤俊男はmotorsport.comに次のように語った。

「いつものようにプッシュし、(アプローチに)何も特別なことはありません。私たちは非常に優れたレースペースを持っています。だからいつも通りにレースをします」

「ここは私たちにとってすごく良いコースです。2013年と2014年にはここで勝っており、良い歴史を築いています」

「もちろん、ポイントを考慮すると簡単なことではありませんが、私たちはそれに挑戦をします」

シェア
コメント
【WECバーレーン】FP3:6号車トヨタ「順調にプログラムを進められている」

前の記事

【WECバーレーン】FP3:6号車トヨタ「順調にプログラムを進められている」

次の記事

【WECバーレーン】予選:結果速報。8号車アウディがPPを獲得

【WECバーレーン】予選:結果速報。8号車アウディがPPを獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント バーレーン
ロケーション バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Marc Lieb , ニール ジャニ , ロマン デュマ
チーム ポルシェ・チーム
執筆者 Jamie Klein