【WEC】クビサ、WEC LMP1参戦を断念。「苦渋の判断だった」

ロバート・クビサは、2017年WECにLMP1クラスのバイコレスで参戦する予定だったが、全レースの出場をキャンセルしたことを発表した。

 ロバート・クビサは、2017年WEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスにバイコレスで参戦する予定だったが、全レースの出場をキャンセルしたことを発表した。

 クビサは、4月上旬に行われたシーズン前テスト”プロローグ”をバイコレスと共に姿を見せていたものの、ドライブしなかった。そのテストの後、彼は開幕戦シルバーストンや他のWECのレースに参戦しないことをSNSで明らかにした。

 クビサは次のように声明を行なっている。

「プロローグの後、僕はバイコレスチームとのレースプログラムをキャンセルすると決断した」

「よって、開幕戦シルバーストンと他のWECレースには参加しない」

 彼は欠場の理由を語らないが、ByKollesチームとの間に意見の行き違いがあったと思われる。

「今回は欠場するが、これで全てが終わったわけじゃない。永遠のサヨナラじゃない。素晴らしく挑戦的なこの選手権にはいつか戻ってきたい」

 クビサの後任は、ドミニク・クライハマーが担当することとなる。彼はオリバー・ウェッブやジェームス・ロシターらと共に開幕戦シルバーストンに臨む。

 クライハマーは昨年WECのLMP1クラスをレベリオンから参戦した経験があり、プロローグの2日目にドライブする予定だった。

 これまでもスーパーGTやスーパーフォーミュラで活躍しているロシターは、プロローグ初日の2回のセッションを参加しておらず、3回目のセッションでは6周しただけであった。

 その後、マシンにトラブルが発生したため、チームはテストを中断しなければならなかった。

【関連ニュース】

【WEC】LMP1参戦のクビサ「サーキットに戻るのをためらっていた」

【F1コラム】クビサがラリー事故に遭っていなかったら……

【F1】クビサ「F1マシンをドライブしたい。準備はできている」

【WEC】ロバート・クビサ、バイコレスでWEC LMP1フル参戦

【スーパーGT】岡山決勝GT500:荒れたレースを乗り切った37号車優勝

#4 ByKolles Racing CLM P1/01: Robert Kubica, Oliver Webb
#4 ByKolles Racing CLM P1/01: Robert Kubica, Oliver Webb

Photo by: Erik Junius

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 シルバーストン
サーキット シルバーストン
ドライバー ジェームス ロシター , ロバート クビサ
チーム Kolles Racing
記事タイプ 速報ニュース