【WEC】スパ決勝詳報:トヨタ1-2完勝。終盤熾烈な”同門”バトル

WEC第2戦スパ6時間レースの決勝が行われ、TOYOTA GAZOO Racingが1-2フィニッシュを果たした。8号車TS050 HYBRIDは開幕2連勝を挙げた。

  WEC(世界耐久選手権)第2戦スパ6時間レースの決勝が行われ、TOYOTA GAZOO Racingが1-2フィニッシュを果たした。8号車TS050 HYBRIDは開幕2連勝を挙げた。

 スパの初日と2日目は、ベルギー特有の寒々しい曇り空や小雨に見舞われたものの、決勝日のスパ-フランコルシャンサーキットの上空には青空が広がった。

1時間:1号車ポルシェ、首位から5番手に転落

 現地時間14時30分よりローリングスタート方式でスパ6時間レースがスタート。第1コーナーで4番手スタートの9号車トヨタのニコラ・ラピエールが、首位の1号車ポルシェを一時追い抜いてイン側をとった。しかし、ラピエールはコーナー入り口で煙を上げながらブレーキング。それでも止まりきれずにオーバーランしてしまい、5番手に後退した。

 一方、3番手スタートだった8号車トヨタのセバスチャン・ブエミは、第1コーナーをコンパクトにまとめ上げ、走行ラインが膨らんだ7号車トヨタを交わして2番手に浮上した。しかしスタートから10分後、周回遅れのGTEクラス86号車ポルシェに引っかかった8号車トヨタは、7号車トヨタに先行を許した。その後、7号車トヨタをドライブするマイク・コンウェイはペースアップし、1号車ポルシェをドライブするアンドレ・ロッテラーに急接近。0.5秒差につけた。それに負けじと8号車トヨタも姉妹車7号車を追う。

 スタートから20分経過後、最終シケインで1号車ポルシェに7号車トヨタが仕掛けるが、ここはポルシェがポジションを死守。ホームストレート後のターン1では、トヨタ2台の牙が1号車ポルシェを襲った。その翌周、最終シケイン手前のストレートで、スリップストリームを利用した7号車トヨタが1号車ポルシェのオーバーテイクに成功。シケインでイン側を閉め、首位に立った。

 トヨタの猛進撃は止まらず、その次の周で9号車トヨタがマシンを暴れさせながらコース外を走行し、ブランシモンで2号車ポルシェに仕掛けた。さらに8号車トヨタが混雑したホームストレートで1号車ポルシェの隙をつき、2番手に浮上した。

 スタートから30分後、首位から3番手に沈んだ1号車ポルシェのペースは上がらず、4番手の2号車ポルシェにも追いつかれてしまう。2号車ポルシェのブレンドン・ハートレーは1秒差内で姉妹車の後をつけた。その12分後、2号車ポルシェが1号車を交わして3番手にポジションアップした。

 レーススタートから45分経過後、20周を走りきったところで首位の7号車トヨタがピットイン。1号車ポルシェもそれに続いた。1号車ポルシェはドライバーチェンジとタイヤ交換を行い、ニック・タンディのドライブでコースインした。その翌周に8-9号車トヨタがピットイン。トヨタ陣営は全車とも1回目のピットストップでドライバーチェンジを行わなかった。最後にピットインしたのは2号車ポルシェ。こちらも給油のみ行った。

2時間:2号車ポルシェ、緊急ピットインで痛手負う

 7号車トヨタをドライブするコンウェイのペースは好調で、2番手の8号車トヨタとの差をじわじわと開いた。5番手の1号車ポルシェもペースを取り戻し、4番手の9号車トヨタの背後に張り付く。レーススタートから1時間が経とうかというところで、1号車ポルシェが9号車トヨタの前に出て4番手にポジションアップした。さらにレーススタートから1時間20分後、1号車ポルシェが2号車ポルシェに接近。2号車ポルシェは2スティント目タイヤであるためペースが伸び悩み、結局1号車ポルシェに先行を許してしまった。

 スタートから1時間34分後、46周終わりに7号車トヨタと1号車ポルシェがピットイン。7号車トヨタは小林可夢偉にドライバーチェンジを行い、対する1号車ポルシェはダブルスティントを決行した。翌周8号車トヨタがピットイン。ブエミはアンソニー・デビットソンにバトンを渡した。9号車トヨタもそれに合わせてピットインし、”ルーキー”の国本雄資がハンドルを握った。最後にピットインしたのは今回も2号車ポルシェ。ハートレーは同郷のアール・バンバーにマシンを引き渡した。

 2回目のピットインによって、隊列は首位が7号車トヨタ、2番手にダブルスティントの1号車ポルシェ、3番手に8号車トヨタ、4番手に2号車ポルシェ、9号車トヨタは5番手という格好となった。

 3番手の7号車トヨタに2号車ポルシェが接近したが、レーススタートから2時間を経過するかというところで、2号車ポルシェはタイヤトラブルを抱え、緊急ピットイン。左リヤタイヤのみ交換した。このため、3番手の8号車トヨタとの差が約40秒に開いてしまうこととなった。

3時間:7号車トヨタの一人旅

 今回WECデビュー戦となる9号車トヨタの国本は、LMP1クラスの隊列から引き離されてしまっていた。ラップタイムも他のマシンから2~4秒差つけられたため、2時間が経過した時点でトップから1分43秒差となってしまった。

 7号車トヨタの小林は、2番手の1号車ポルシェに約30秒差つけて独走。レーススタートから2時間10分後、8号車トヨタが1号車ポルシェを捉えて2番手に浮上した。その勢いは衰えず、8号車トヨタは1号車ポルシェを引き離していった。

 スタートから2時間24分後、70周目の終わりに7号車トヨタがピットイン。1号車ポルシェもそれに続いた。7号車トヨタはダブルスティント、1号車ポルシェはニール・ジャニにドライバー交換した。その翌周に8号車トヨタがピットインし、給油のみ行った。少し遅れて、72周目の終わりに9号車トヨタがピットイン。こちらも給油のみ行い、2スティント目に突入した。

 78周目にようやく2号車ポルシェがピットインし、ティモ・ベルンハルトにバトンを渡した。そのため、トヨタの2台が1−2体制。2号車ポルシェは3番手の1号車ポルシェの背後でレースに復帰した。

4時間:FCYの恩恵を得て8号車トヨタが首位へ

 6時間レースの折り返し地点で、GTEクラス86号車ポルシェが7号車トヨタの目の前でスピンを喫し、小林は間一髪でそれを回避した。小林は今回の予選でも、同じようなシーンがあった。その後、86号車ポルシェはホームストレート上で停車してしまったため、イエローフラッグが振られた。その隙に、7号車トヨタがピットイン(92周目終了時点)を行なった。

 残り2時間46分というところで、コース脇に止まった86号車ポルシェを回収するためにフルコースイエロー(FCY)が発動された。このタイミングで1号車ポルシェ、2号車ポルシェ、9号車トヨタらが続々とピットに向かい、少し遅れてトヨタ8号車が遅れてピットインする。

トヨタ7号車は小林からコンウェイにバトンタッチし、8号車トヨタには中嶋一貴が搭乗、9号車トヨタの国本は、ステファン・サラザンにマシンを引き渡した。対するポルシェは2台とも給油のみ行った。その5分後にFCYが解除された。

 この時点での隊列はFCYのタイミングでピットインすることができた8号車トヨタが首位となり、イエローフラッグが出た段階で先にピットインしていた7号車トヨタは約15秒遅れの2番手、3番手に1号車ポルシェ、2号車ポルシェは4番手に続いた。

 ピットインのタイミングで損してしまった7号車トヨタのコンウェイは、良いペースで8号車トヨタを追い、じりじりとそのタイム差を縮めた。

5時間:2号車ポルシェ、2番手にジャンプアップ

 レース残り2時間のところで、7号車トヨタはトップの8号車トヨタから約2秒差まで詰めた。対するポルシェの2台も僚友同士の戦いを繰り広げ、結局1号車ポルシェを2号車ポルシェが抜かして3番手にポジションを上げた。

 117周目の終わりに1号車ポルシェがピットインし、ロッテラーにドライバーチェンジする。翌周には7号車トヨタが続いて給油のみ行った。

 レース残り1時間54分というところで、LMP2クラスの28号車がクラッシュを喫したため、このレース2回目のFCYが発動された。それを合図に8号車トヨタがピットイン。またもや好タイミングでピット作業を済ませた8号車トヨタは、1分という大きなアドバンテージを得て首位を維持した。

 119周目の終わりに2号車ポルシェがピットインし、ハートレーにドライバー交換。9号車トヨタも続いてピットインした。

 レース残り1時間34分のところで、7番手トヨタと2号車ポルシェの2番手争いが繰り広げられた。7号車トヨタは懸命に逃げるもペースを上げられず、タイヤをリフレッシュした2号車ポルシェにストレートでオーバーテイクされて3番手に沈んだ。さらにその2台は首位の8号車トヨタとの差を縮め、約30秒差に迫った。

 レース残り1時間9分(139周の終わり)という段階で、8号車トヨタが早めのピットイン。中嶋に変わって、ブエミがステアリングを握った。その翌周に1号車ポルシェもピットイン。給油のみ行ってコースに復帰した。それに7号車トヨタが続き、小林がマシンを引き継いだ。

 その間、2号車ポルシェがLMP2クラス36号車と接触し、そのせいで36号車はスピンを喫してしまった。フロントカウルを破損させた2号車ポルシェは、その周でピットイン。フロントカウルの交換と給油を行なった。

 2号車ポルシェは7号車トヨタの前にレースに復帰したものの、あっさり抜かされてしまい3番手となった。

 トップの8号車トヨタと2番手の7号車トヨタのタイム差は30秒差、3番手の2号車ポルシェは2秒差のところで7号車トヨタを追うという格好になった。

6時間:ラスト1周、トヨタの2台はテール・トゥ・ノーズに

 ラスト1時間に差し掛かったところで、ターン5で小雨が降り出したとFIAが報告した。その10分後雨脚はさらに強くなり、8号車トヨタのチーム無線では、今後の作戦について話し合われ、結局ステイアウトを選択。悪天候を警戒する他のチームの間にも一時緊張が走ったが、天候はそれ以上悪化することはなかった。

 その間、2番手の7号車トヨタが猛追し、残り30分のところでトップと約17秒差となった。10分後、164周目の終わりでトップの8号車がピットインしスプラッシュ・アンド・ゴーを決行。その翌周に7号車トヨタもラストピットインを済ませ、1号車ポルシェがそれに続いた。その2周後に2号車ポルシェがピットインをし、残り11分でレースに復帰。よって、8号車トヨタが再び首位に返り咲いた。7号車トヨタは6秒差で2番手、3番手は1秒差で2号車ポルシェが続いた。

 残り5分のところで、小林可夢偉が駆る7号車トヨタは8号車トヨタを視界に捉え、さらに猛プッシュをかける。ラスト1周でその差はたったの1秒。僚友同士の仁義なきテール・トゥ・ノーズの戦いを繰り広げるも、トラフィックで姉妹車7号車を巻いた8号車トヨタがトップチェッカーを受けた。

 トヨタ8号車は開幕戦2連勝を果たし、7号車トヨタが2位に入賞したことで、トヨタ陣営は1-2フィニッシュ。9号車トヨタも2周遅れで完走し5位となった。ポルシェ陣営は、2号車が3位で表彰台入り、1号車が4位となった。

大乱戦のLMP2、僚友同士の戦いを制した71号車、独走の98号車

 多くの元F1ドライバーが参戦するLMP2は、6時間に渡って激しいバトルが繰り広げられ、結局予選でもクラストップだった26号車G-ドライブがクラス優勝を果たした。

 ラスト1時間まで熾烈な首位争いを展開した31号車レベリオンがクラス2位、レース中盤でスピンを喫しながらも38号車ジャッキー・チェンDCレーシングがクラス3位につけた。

 なお、LM-GTE Proクラスはレース序盤にフォードとの熾烈なトップ争いを繰り広げ、後半には同僚とテール・トゥ・ノーズの戦いを制した71号車AFコルセがクラス優勝を果たした。

 LM-GTE Amクラスはほぼ独走状態の98号車アストンマーチン・レーシングが優勝。澤圭太が所属する61号車クリアウォーター・レーシングはクラス3位で表彰台入りを果たした。

【関連ニュース】

【WEC】トヨタ村田氏「7号車は2回もハンデ。切ないレースだった」

【WEC】2連勝の中嶋一貴。「結果は結果。でも完全には喜べない」

【WEC】デビュー戦の国本雄資「悔しい。うまく戦えると思っていた」

【WEC】トヨタ、ディフューザー不正の疑いを一蹴「120%適法だ」

 

【WEC】スパ予選:1号車ポルシェがPP。トヨタ2-3番手に続く

WEC第2戦スパ6時間レース決勝リザルト:

Cla ドライバークルマClassLaps時間ギャップインターバルピットリタイアポイント
1   8 united_kingdom  アンソニー デビットソン 
japan  中嶋 一貴 
switzerland  セバスチャン ブエミ 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 173       7    
2   7 japan  小林 可夢偉 
united_kingdom  マイク コンウェイ 
argentina  ホセ・マリア ロペス 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 173 1.992     7    
3   2 germany  ティモ ベルンハルト 
new_zealand  ブレンドン ハートレー 
new_zealand  アール バンバー 
Porsche 919 Hybrid LMP1 173 35.283     8    
4   1 germany  アンドレ ロッテラー 
switzerland  ニール ジャニ 
united_kingdom  ニック タンディ 
Porsche 919 Hybrid LMP1 173 1'25.438     7    
5   9 france  ステファン サラザン 
france  ニコラ ラピエール 
japan  国本 雄資 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 171 2 laps     7    
6   4 united_kingdom  オリバー ウェッブ 
austria  ドミニク クライハマー 
united_kingdom  ジェームス ロシター 
ENSO CLM P1/01 LMP1 161 12 laps     7    
7   26 russia  ロマン ルシノフ 
france  Pierre Thiriet 
united_kingdom  アレックス リン 
Oreca 07 LMP2 160 13 laps     8    
8   31 brazil  ブルーノ セナ 
france  ジュリアン カナル 
france  ニコラス プロスト 
Oreca 07 LMP2 160 53.281     8    
9   38 united_kingdom  オリバー ジャービス 
china  ホーピン タン 
france  トーマス ローラン 
Oreca 07 LMP2 160 1'14.268     8    
10   13 brazil  ネルソン ピケJr. 
denmark  デビッド ヘイネンマイヤー・ハンソン
switzerland  マティアス ベシェ 
Oreca 07 LMP2 159 14 laps     9    
11   36 france  ロマン デュマ 
united_states  グスタボ メネゼス 
united_kingdom  マシュー ラオ 
Alpine A470 LMP2 159 48.903     9    
12   35 france  ネルソン パンチアティシ 
france  ピエール ラグエス 
brazil  アンドレ ネグラオ 
Alpine A470 LMP2 158 15 laps     9    
13   24 france  ジャン-エリック ベルニュ 
switzerland  ジョナサン ハーシー 
united_kingdom  トア グレイブス 
Oreca 07 LMP2 158 5.336     9    
14   25 russia  ヴィタリー ペトロフ 
switzerland  シモン トルーマー 
mexico  ロベルト ゴンザレス 
Oreca 07 LMP2 158 9.935     8    
15   28 france  フランソワ ペロード 
france  エマニュエル コラード 
france  マシュー バシヴィーレ 
Oreca 07 LMP2 158 1'10.632     9    
16   37 china  デイビット チェン 
france  トリスタン ゴメンディ 
united_kingdom  アレックス ブランドル 
Oreca 07 LMP2 156 17 laps     9    
17   71 united_kingdom  サム バード 
italy  Davide Rigon 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 151 22 laps     5    
18   51 united_kingdom  James Calado 
italy  Alessandro Pier Guidi 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 150 23 laps     5    
19   66 germany  Stefan Mücke 
france  Olivier Pla 
united_states  Billy Johnson 
Ford GT LMGTE PRO 150 30.521     5    
20   67 brazil  Pipo Derani 
united_kingdom  Harry Tincknell 
united_kingdom  Andy Priaulx 
Ford GT LMGTE PRO 150 1'12.484     5    
21   91 austria  Richard Lietz 
france  Frédéric Makowiecki 
Porsche 911 RSR LMGTE PRO 149 24 laps     5    
22   92 denmark  Michael Christensen 
france  Kevin Estre 
Porsche 911 RSR LMGTE PRO 149 52.093     5    
23   97 united_kingdom  Darren Turner 
united_kingdom  Jonathan Adam 
brazil  Daniel Serra 
Aston Martin Vantage LMGTE PRO 148 25 laps     5    
24   95 denmark  Marco Sorensen 
denmark  Nicki Thiim 
new_zealand  Richie Stanaway 
Aston Martin Vantage LMGTE PRO 148 44.261     5    
25   98 portugal  Pedro Lamy 
canada  Paul Dalla Lana 
austria  Mathias Lauda 
Aston Martin Vantage LMGTE AM 146 27 laps     5    
26   77 germany  Christian Ried 
Matteo Cairoli 
germany  Marvin Dienst 
Porsche 911 RSR (991) LMGTE AM 146 31.110     5    
27   61 ireland  Matt Griffin 
singapore  Mok Weng Sun 
Keita Sawa 
Ferrari 488 GTE LMGTE AM 145 28 laps     5    
28   54 italy  Francesco Castellacci 
spain  Miguel Molina 
switzerland  Thomas Flohr 
Ferrari 488 GTE LMGTE AM 144 29 laps     5    
29   34 india  Karun Chandhok 
united_kingdom  Nigel Moore 
united_kingdom  Philip Hanson 
Ligier JSP 217 LMP2 151 22 laps     12    
30   86 united_kingdom  Michael Wainwright 
united_kingdom  Ben Barker 
Nick Foster 
Porsche 911 RSR (991) LMGTE AM 76 97 laps     5    

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 スパ・フランコルシャン
サーキット スパ・フランコルシャン
記事タイプ 速報ニュース