【WEC】スパ決勝速報:8号車トヨタ開幕2連勝。7号車2位でトヨタ1-2

WEC第2戦スパ6時間レースの決勝が行われ、8号車トヨタTS050ハイブリッドが優勝。開幕2連勝を果たした。

 5月6日、WEC(世界耐久選手権)第2戦スパ6時間レースの決勝が行われ、8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴)が優勝。開幕2連勝を果たした。2位には2秒差で7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉)が入り、トヨタが1-2フィニッシュを達成した。

 3位は2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)、4位には1号車ポルシェ919ハイブリッド(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ)が入り、このスパと次のル・マン24時間の2戦のみ参戦の9号車トヨタTS050ハイブリッド(ステファン・サラザン/国本雄資/ニコラ・ラピエール)は5位に入った。

 LMP2クラスは、26号車G-ドライブ・レーシング、LM-GTE Proクラスは71号車AFコルセ、LM-GTE Amクラスは98号車アストンマーチン・レーシングがそれぞれクラス優勝を果たした。

 詳細は追ってお知らせする。

→FIA世界耐久選手権第2戦スパ・フランコルシャン6時間レース決勝結果

【関連ニュース】

【WEC】小林可夢偉「ポールポジションを狙えると思ったが……」

【WEC】トヨタ村田氏「スパで勝ちたい。選手権をリードするのが目標」

【WEC】トヨタ"復帰"のラピエール「ル・マン勝利が最大の目標」

【WEC】デビューの国本雄資「周回遅れのマシンを抜くのが難しい」

【WEC】トヨタ、ディフューザー不正の疑いを一蹴「120%適法だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 スパ・フランコルシャン
サーキット スパ・フランコルシャン
記事タイプ 速報ニュース