【WEC】スパFP3:トヨタ1-2-3独占。8号車の中嶋一貴がトップ

シェア
コメント
【WEC】スパFP3:トヨタ1-2-3独占。8号車の中嶋一貴がトップ
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2017/05/05 10:29

WEC第2戦スパ6時間レースのフリー走行3回目が行われ、3台のトヨタTS050ハイブリッドが首位からから3番手までを独占した。

 WEC(世界耐久選手権)第2戦スパ6時間レースの2日目にフリー走行3回目が行われ、3台のトヨタTS050ハイブリッドが首位から3番手までを占めた。

 セッションは、ポルシェ・カレラ・カップ・フランスの予選で起こったクラッシュで破壊されたタイヤバリアの修繕に時間がかかったため、予定時刻よりも20分遅れてスタートした。

 1分55秒233というトップタイムをマークしたのは8号車トヨタの中嶋一貴で、その0.005秒差で7号車トヨタのマイク・コンウェイが続いた。トヨタ勢唯一のローダウンフォース仕様エアロを装着している9号車トヨタは、ニコラ・ラピエールのドライブにより1分55秒488を記録して3番手となった。

 トヨタの後塵を拝したポルシェは、4番手に1号車ポルシェのアンドレ・ロッテラーが入った。ロッテラーは1分56秒404を記録。中嶋からは1.171秒遅れをとった。5番手は2号車ポルシェのブレンドン・ハートレーだった。

 LMP2クラスは26号車G-ドライブのアレックス・リンがトップタイム。LM-GTE Proクラスは51号車フェラーリ、LM-GTE Amクラスは77号車ポルシェがそれぞれ首位についた。

【関連ニュース】

【WEC】トヨタ"復帰"のラピエール「ル・マン勝利が最大の目標」

【WEC】トヨタ村田氏「スパで勝ちたい。選手権をリードするのが目標」

【WEC】小林可夢偉「予選は自信を持っていける。決勝は”ガチ勝負”」

【WEC】デビューの国本雄資「周回遅れのマシンを抜くのが難しい」

【WEC】スパFP2:1回目に引き続き7号車トヨタがトップタイム

次の WEC ニュース
【WEC】トヨタ"復帰"のラピエール「ル・マン勝利が最大の目標」

前の記事

【WEC】トヨタ"復帰"のラピエール「ル・マン勝利が最大の目標」

次の記事

【WEC】ロッテラー「ポルシェに合うスタイルに適応し始めてきた」

【WEC】ロッテラー「ポルシェに合うスタイルに適応し始めてきた」
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント スパ・フランコルシャン
ロケーション スパ・フランコルシャン
ドライバー 中嶋 一貴
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ フリー走行レポート