【WEC】デビュー戦の国本雄資「悔しい。うまく戦えると思っていた」

9号車トヨタTS050ハイブリッドの一員としてWECデビュー戦を戦った国本雄資は「すごく難しかった」とその第一印象を語った。

 国本雄資は、9号車トヨタTS050ハイブリッドの一員として、スパ・フランコルシャンでWECデビュー戦を戦った。その感想について国本は「すごく難しかったですし、思っていた以上にうまくいかなかったというのが第一印象です」と語った。

「自分のスティントを走りきることができたというのは、ル・マン24時間レースに向けてたくさん走るということになるので、色々なことを学べるという点ではポジティブでした。でも、もっと良い戦いをしたかったというのが正直なところです」

「ペースも良くなかった」と国本は語る。

「昨日と比べても、クルマのバランスだったりタイヤの感覚が違いました。マッピングなどでアジャストしようとしたんですけど、それもうまくいかなくて……その間にタイヤも使い切ってしまった。特に第2スティントはものすごく厳しかったです」

「トラフィックもすごく難しかった。レースになるとまとまってクルマがいますから、そこでタイヤにゴミを拾ってしまうこともあった。今回はそれを学べたんで、ル・マンまでの1カ月の間に、オンボードを見たりしてチームメイトと比べて、整理したいと思います」

 国本は2012年からスーパーGTのGT500クラスに参戦している。そのため、別カテゴリーの遅いマシンを抜いていくことに慣れているはずだ。しかし、勝手は全く異なっていたようだ。

「スーパーGTでの追い抜きとは全然違いました。(スパ・フランコルシャンは)コース幅が狭いですから。チームメイトによれば、ここはトラフィックを処理するのが特に難しいサーキットらしいし、ル・マンに行けばもっと簡単だよと言ってくれてます」

「1レースやったということは、テストとは全然違います。その中で2時間弱走るとどうなるかということは学べたんで、良かったと思います」

 しかし、悔しいレースだったと、国本は繰り返す。

「悔しいですね。もっとうまく戦えると思っていたし、7号車と8号車は1位と2位だったわけですから……それと戦えるくらいのパフォーマンスを出したかった。でも、全くうまくいきませんでした」

 WECデビュー戦を戦い終えた国本。その初戦は「悔しい」レースとなったが、最大の目標は次のル・マン24時間である。その大一番で国本はどんなレースを見せるだろうか。

取材:赤井邦彦

【関連ニュース】

【WEC】スパ決勝詳報:トヨタ1-2完勝。終盤熾烈な”同門”バトル

【WEC】2連勝の中嶋一貴。「結果は結果。でも完全には喜べない」

【WEC】トヨタ、ディフューザー不正の疑いを一蹴「120%適法だ」

【WEC】トヨタ村田氏「スパで勝ちたい。選手権をリードするのが目標」

【WEC】デビューの国本雄資「周回遅れのマシンを抜くのが難しい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 スパ・フランコルシャン
サブイベント Saturday race
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー 国本 雄資
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース