【WEC, フォーミュラE】ブエミ、テスト欠席の”強行軍”でメキシコFE参加へ

フォーミュラEに参戦しているセバスチャン・ブエミは、トヨタから参戦しているWECのプロローグを途中離脱し、メキシコePrixに参戦するようだ。

 トヨタから世界耐久選手権(WEC)に参戦しているセバスチャン・ブエミは、3月31日(金)の新車発表と4月1日から2日間行われるシーズン前の公式テスト、”プロローグ”に参加する義務がある。しかし、同じ週の土曜日には、ブエミがルノーe.ダムスから参戦しているフォーミュラEの第3戦メキシコシティePrixが開催される。

 日程の重複によりどちらかにしか参加できないブエミは、プロローグへの参加を優先しフォーミュラEのレースを欠場すると見られていた。しかし、彼は3月31日にイタリアのモンツァで行われるトヨタの新車発表に参加した後にメキシコに飛び、フォーミュラEのレースが行われる土曜日の朝早くにメキシコシティに到着する予定だという。

 ブエミは金曜日に行われるフォーミュラEのドライバーズブリーフィングとシェイクダウンには出られないものの、予定通りに到着すればフリー走行から出場できる見込みだ。もちろん、モンツァで4月1日から行われるWECの公式テストには参加できない。

 ブエミはAutosportに次のように語った。

「解決策があるのなら、トヨタは僕をブロックするつもりはなかった。(プロローグは)普通のテストだし、そこにいなければならないというわけではない」

「土曜日の午前4時にメキシコに着くので簡単ではないが、レースをする機会が得られて、チャンピオンシップを失わずに済む」

 彼はこの”強行軍”がメキシコでのレースに対する準備としては最適ではないと認めたものの「もしうまくいかなくても、言い訳をするつもりはない」と語った。

「昨年のアルゼンチンとメキシコでは、ぎりぎりに着いて表彰台に上がった。不可能じゃないよ」

 WECのニュルブルクリンク6時間レースとフォーミュラEのニューヨークも日程が衝突しているため、ブエミはWECを優先しニューヨークでの2レース(ニューヨークは2レース制となっている)を欠場することになる。

「現在FIAはニューヨークePrixとの日程が重複するのを回避しようと取り組んでおり、彼らが解決策を見つけることを期待している」とブエミは語った。

「正直に言えば、日程が被るのを回避する方法がどうして見つからないのか、理解に苦しんでいる。(1年のうち)48週か49週のうちの(フォーミュラEとWECで計)20週を調整すればいいんだ」

「もし彼らが調整できなければ、僕はニューヨークまで集中してレースに臨む。うまくいけば、(ニューヨークを欠場しても)タイトルを争えるだけのリードを築けるかもしれない」

ロペスも強行軍の仲間入りか

 ブエミのフォーミュラEでのチームメイトであるニコラス・プロストもレベリオンからWECのLMP2クラスに参戦するが、彼は通常のスケジュール通りフォーミュラEに臨むと考えられている。フォーミュラEではDSヴァージンに所属しているサム・バードもAFコルセからWEC LM-GTEプロクラスに参戦するが、こちらもメキシコシティePrixには支障がない。

 バードのDSヴァージンでのチームメイト、ホセ・マリア・ロペスは、2017年からトヨタに加入することになると見られているため、ブエミと同様の強行軍を強いられることになりそうだ。

 べンチュリーに所属しているステファン・サラザンも、トヨタがWECに3台目のマシンを用意した場合には、この状況に関係してくる可能性がある。

【関連ニュース】

【WEC,フォーミュラE】「両立するドライバーは減る」とディ・グラッシ

【WEC】トヨタ「ポルシェに勝つため”野心的”な目標を設定」

【F1, フォーミュラE】FE挑戦のグティエレスは2018年の王者候補?

【フォーミュラE】ブラジルでのFE開催、シーズン4にも実現の可能性

【WEC】WECカレンダー日程変更。公式テスト”プロローグ”は4月先送り

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , フォーミュラE
ドライバー セバスチャン ブエミ
チーム ダムス , Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース