【WEC】ポルシェ、開幕戦に低ドラッグ仕様エアロを投入

ポルシェは、2017年WEC開幕戦シルバーストンに低ドラッグ仕様エアロパッケージを用意することを明らかにした。

 ポルシェは、2017年WEC開幕戦シルバーストンに低ドラッグ(低ダウンフォース)仕様エアロパッケージを用意することを明らかにした。これまでポルシェは、開幕戦に持ち込むエアロパッケージの仕様を明言していなかった。

 彼らは、来月開催予定の第2戦WECスパでもル・マン仕様(低ダウンフォース仕様)のエアロを投入し、7月のニュルブルクリンクまで高ダウンフォース仕様のエアロは使用しないという。

 一方のトヨタは、開幕戦シルバーストンと第2戦スパに有利な高ダウンフォース仕様のエアロを用意する。そのため、ポルシェは一時的に不利な状況に追い込まれるだろう。

 WECポルシェのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、このような決断について、「ポルシェは第3戦ル・マン24時間レースまで、低ダウンフォース仕様のエアロ性能の開発とテストに集中する」と語った。

「低ダウンフォース仕様のエアロは、シルバーストンで不利な状況になるだろう」

「ル・マンの後の残りレースは、高ダウンフォース仕様のマシンを用意するつもりだ」

 以前、ポルシェのニール・ジャニは、高ダウンフォースが必要とされるサーキットでポルシェが”危機的な状況に瀕する”可能性を示唆していた。

 2017年WECでは、予算削減を目的にシーズン中のLMP1チームに許可されているエアロパッケージの種類を3つから2つに減少させた。さらにそれぞれのパッケージは、シーズン前に行われたホモロゲーション以降、大幅な変更を加えることを許されていない。

 トヨタは悲願ル・マン勝利を目指して、第2戦スパとル・マン24時間レースに、3台目のTS050ハイブリッドを投入する。また4月上旬に行われたモンツァでのシーズン前テストで、トヨタは低ダウンフォース仕様のエアロパッケージを持ち込んでいる。

【関連ニュース】

【WEC】プロローグ初日:トヨタ7号車が全体トップタイムを記録

【WEC】プロローグ2日目:トヨタのラピエールが総合トップタイム

【WEC】トヨタ村田主任「今年は笑って日本に帰る」ル・マン必勝誓う

【WEC】小林可夢偉「問題なくて怖いくらい。昨年より確実に良くなった」

【WEC】トヨタとポルシェ、2019年まで既存シャシーでの参戦を合意

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 シルバーストン
サーキット シルバーストン
チーム ポルシェ・チーム
記事タイプ 速報ニュース